February 12, 2006

「3P」を読むの巻。

SPA!の叶恭子へのインタビュー記事を読んで今さらファンになり、最近でたばかり?の「3P」を買ってみた。言葉使いや構成が微妙ではあるんだけども、ぶっ飛び感がたまらず、ますます叶恭子という人の虜になりそう。。w

私はあまり男の人の財力や権力といったものに魅力を感じないので、そのあたりでは「ふーん」という感じなんだけども、付き合う前に「私はあなたからお金がなくなったらキライになりますし、他の男の人とも機会があれば一夜を共にしますがそれでもいいですか?(゚ー゚*) 」と確認した上で関係が始まるというクダリに心が痺れる。心に思っていることをそのまま口に出せるというのは稀有な才能で、私もできればいつもそうやって生きていたいのに。。と心から思ったりする。

昔から本音と建前ってやつが苦手だ。といいながらも、結局私は叶恭子ほどに素直な訳ではなくて、しかも年々「本音」と「建前」が乖離する場面が増えているようなw 別に正直でいる事が常に正しい訳じゃないとはおもうけど、少なくとも「どう生きたいか」といわれれば「思ったことは全て口にしたい」としかいいようがない。叶恭子のように生きるには多分常に胸を張って生きてナンボの「自信」てやつが必要。私もかなり態度だけはでかい方だと思うけども、あそこまであけっぴろげで生きるには、まだまだ道は険しいw

「見た目」に対するこだわりというか憧れはなく、あの「みなぎる自信」に引き寄せられてるんだけども、叶恭子の自信の源は美しさ(まぁ普通の男の人からみるとかなり微妙なビジュアルだと思うけど・・)とセックス(ものすごい技があるらしいw)なのかなぁと思う。どっちについてもそれほど興味はないから、何を根拠に堂々と生きていこうかと久々に深く考え込んだ。。w

・・・。
・・・。

ネット探偵?w
2ch?w

しょ・しょぼい。。w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 17, 2005

AT PICASSO347の巻。

渋谷のピカソ347で恋愛談義などに花を咲かせた昨日。後半からはどうしようもなく下ネタに走っていた気がするものの、3時間以上喋り続けて、私も彼女もなんとなくスッキリした予感。
見た目は非常にかわいらしいNちゃんですが、さっぱりしていて私がどんなアドバイス(というより煽り?w)をしてもちゃんと自分の頭で考えて行動できるタイプ。だからこそお互い言いたいこと言ってすっきりして、とてもいい夜だった。ほんとは南青山のジャズバーに行きたかったんだけど、それはまた今度!ということで、早くも年明けにまた遊びに行くのが楽しみでしょうがない。

彼女とは今いる会社の前で同僚だった。ちなみに前Nが付き合ってたのは結構なお金持ちで、私はだいぶいい思いをさせてもらったような。。w今の人もいい人だけど、前彼ほどに富豪じゃあない。だけどNはちっともそんなこと気にしなくて、そしてお互い自分で稼いだお金で散々飲んで、私はやっぱり経済的に自立している女の子が好きなんだなぁと思わずにはいられなかった。

好きになった人がたとえ貧乏でも不自由なく暮らせるように、欲しい物は自分で買える経済力をつけよう。私は結構小さな頃からそんなポリシーで生きてきた。その話をしていたらNもノリノリになってきて、「だから別に高校生でもイケルヨネ?」なんて話になるw (まあその後の話は放送コードにひっかかるので割愛。。w)
不自由な暮らしは嫌だけど、相手の収入に左右される恋路はもっとやだ。そういう意味で私もNも経済的に自立しているからよりどりみどりだよねぇ、今度久しぶりに六本木に行くか!なんて話をしているうちに0時。2日連続午前サマというハードな週末でしたw 今日は早く寝ます(゚ー゚*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 20, 2005

Barbie Girl。。wの巻

古いNowを聞いていたら妙にはまった曲、それがAquaのBarbieGirl。サビの部分は聞き取れたので、そこの部分はよくおうちに帰る時に口ずさんでいた。

私はバービーの世界にいるあなたのバービー人形☆
プラスチックでできてるけどステキでしょ☆
あなたは私の髪梳かしたり服着せたりしたい放題よ☆
想像してみて、私の世界はあなたのものよ☆

なんか純粋に「バービー人形を遊んでる子供が口ずさむ歌」だと思って、向こうの子供はこんなお洒落な曲聞いて大きくなるのかぁとちょっと羨ましくなったり。今度カラオケ行ったら歌おうと家で歌詞をチェックすると。。

(((( ;゜Д゜)))

なんだこの歌詞は。。w(一番上あたりのサイトを見ると何がいいたいのかわかっていただけると思う。。w)
ちなみにこのBarbieGirlは「イギリスの親が子供に聞かせたくない歌ベスト10」にランクインしてましたw

まーけどなんだかんだいって恋愛中ってみんなこうだと思う。。w
ちなみに私は大切にされるのも嬉しいけど、相手をお人形さんのように大切に扱う方がめっぽう好き。頭とか自然に撫でたくなるし、ほっぺたとか触るのも好き。Barbie Girl をループ再生し始める前はBump Of Chikenの「Title of mine」を聞いていて、特にやっぱり寒い季節はこうだよなぁとしみぢみする。

---
君に触れていたいと思う俺は何だ!?
今になって思い知った
大切な事を唄い忘れていた

孤独を望んだフリをしていた
手のぬくもりはちゃんと知っていた
その手に触れて いつか離れる時が来るのが恐かった

人に触れていたいと唄っていいかい?

「Time Of Mine」-Bump of Chiken

根本にあるのはバンプのこの曲もBarbieGirlも一緒。
やっぱり自分以外に大切なものがあるってのは何よりの幸せってことです。時には嫌なことやつらいこととかあったとしても、それでも一人より二人の方が全然いい。1+1が時には3にも4にもなるってことを、是非小さい頃から子供に叩き込んでHeartfulな人が増えるといいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2005

ipod nano歴2週間目の巻

ipodにいれる曲は厳選したいと常日頃思いながらまったくできていない今日この頃。その癖同じ曲を繰り返し聴き続けるというミュージックライフ。。wここ1週間でtake5を2バージョン×20回はきき、国分弘子という人のI Do What I Want というどうしようもなく私らしいタイトルの曲を20回ほど聞き、Oscar Petersonの「My One And Only One」という甘い曲を10回聞き、そして今日は何故か黒いオルフェ by 椎名林檎を5回リピートして聞き、つまり「ひたすら聴いて耳で覚える」というある意味一番原始的な方法で「ナニカ」をゲットしようとしているらしい。。w おかげでだいぶジャズの耳になってきて、コードがなんとなくでもスラッと思い浮かぶようになった。きっと後もうちょっとでジャズの神様が降りてくるのかと思われる。。w

そんな今日の出来事。帰り道に久しぶりに地元で屋台からケバブ購入。曲をしっちゃかめっちゃかに入れているもんだから、普段は本体片手にもって曲を操作しているのだけども、今日は片手にケバブもって歩いているのでそんな余裕がなく、初めてシャッフル再生なるものをしてみた。一曲目はやっぱりtake5で5拍子刻みながら歩く。ところが2曲目はBackStreetBoysの「As long as You Love me」。思わず立ち止まって、あれこんな曲入れてたんだ、とちょっと切なくなる。ちょっと恥ずかしいけどBackstreet Boysは結構好きなミュージシャンで、特にこの曲と「I Want it that way」は誰かを好きになった時、繰り返し聞きたくなる曲ベスト5とかに入るんじゃなかろうか。

I don't care who you are
Where you're from
What you did
As long as you love me
Who you are
Where you're from
Don't care what you did
As long as you love me

+amy風に訳すと
「君が誰だとか どこからきたかとか 今まで何をしてきたかとか そんなことは全く関係ない
全く関係ないんだよ 君が僕を好きでいてくれる限り」

という感じ。ちなみに自分がそう思うんじゃなくてそういう風に思ってもらうのが好き、という、ぁぁ昨日書いた日記と矛盾しているなぁという感じ満載なのですがw

ちなみに私自身は

「君が誰だとか どこからきたかとか 今まで何をしてきたかとか そんなことは全く関係ない
全く関係ないんだよ 私が君を好きでいるうちは」

という全く正反対の心情の持ち主なんだけれども、祈るような気持ちで一緒にいたいという気持ちはやっぱりとても素敵で、こういう風に思ってもらえるような女の人でいたいよなぁと強く思っていたりする。

ちなみに偉大なるgoogle先生が訳すと情緒へったくれがないので、英語の勉強を兼ねて訳してみる。

今まではずいぶんとひとりぼっちだったけど 君に僕の全てを委ねてみようと思うんだ
周りの人は 一瞬で全てを委ねるなんで狂ってるっていってるけど
それにしてもどうやって一瞬で僕を虜にしたのかが謎
今では頭の中が君のことばかり
今まで君が何してきたかなんて気にしてやいない
君が一緒にいてくれるかぎりは
君が誰だとか どこからきたかとか 今まで何をしてきたかとか そんなことは全く関係ない
全く関係ないんだよ 君が僕を好きでいてくれる限り

うーん、さすがアメリカ人。。w


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2005

ラリホーの巻。

昨日は某都内の妖しげなスポットで汗を流す。。。☆岩盤浴というもので、要はサウナの低温版。入って1分くらいでもう汗がダラダラ噴き出す。つくづく何においても私は安上がりだなと苦笑する。。w

そのせいなのか仙台1泊2日のせいなのかわからないけど、今日の午後はとてつもない睡魔に襲われて仕事にならなかった。。w 今の部署、というかグループに移ってきてからは仕事中に眠くなることなんかほとんどなく、しかもせいぜい気分転換に煙草でも吸えばおめめパチーリだったにも関わらず。飲み物飲んでも駄目、トイレに行っても駄目、煙草を吸っても駄目な悲惨なコンディション。しかも席を立って戻ったら、普通はせめて5分は目が冴えているはずなのに、今日に限ってはディスプレイ見つめた瞬間睡魔に襲われる(((( ;゜Д゜)))
必死で週間レポートをなんとかいつもの倍の時間をかけて終わらせ、微妙に早退するような時間におうちに帰る。。そして今からようやく横になって至福の睡眠を貪りますv

そんなラリホー+メダパニみたいな状態で読んだ「kiss」(少女漫画?雑誌ね)の「君はペット」というもう3年近く続いていた連載マンガが今出ている号で最終回だった。婚約者がいるんだけどもモモというペット(人間だけどなw)を飼っている女の人の話で、結局婚約者とは別れて元ペットと結婚するという終わり方。ただ婚約者と別れたキッカケが相手もペット(人間だけどなw)を飼っていたことが発覚!!というオチなので、そこのところが少し気に入らない。たとえフタマタかけていたとしても、片方に振られたからもう片方にいくとか、なんというかそういう保険的な恋愛は私のポリシィじゃない。

ただペットくんはずっと健気にその飼ってくれている女の人のことが好きだった、という伏線もあってその中で「(ずっとペット扱いされていたのにある時とても頼りにされて)切ない望みに火がついた」という台詞があった。なんとも切ない気持ちになった記憶があるので、まあマンガとはいえ、ハッピーな終わり方をしてくれてよかったなぁと。

それでも最近思うのは。昔はそういう気持ちにさせる女の人に憧れていたし、好きになった人には誰にでもそういう気持ちをもってもらいたいと思っていたけど、今は違うなと。今はやっぱり誰よりも安心感を与える人になりたい。一緒にいてドキドキする人じゃなくて、安心する人。ハラハラさせる人じゃなくてくつろげる人。そう考えると10代の終わりから25くらいまでの間私が理想だと思っていた人物像はむしろ「微妙」な人へと格下げされていて、やっぱり人の考えっていろいろ変わるよなぁと苦笑。。。w ただ昔から変わらないのは愛情ってのは与えてナンボだということ。そこだけはこのまま一生変わらないんだよなぁ、そう思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2005

男と女の友情は成立するのかの巻。

この前電車に乗っている間中、隣に座った女の子同士の会話が気になって仕方がなかった。。w
彼氏と上手くいってなくって、夜中だろうがなんだろうがこまめに相談に乗ってくれていた男友達が好きになったとか、要はそんな話で、「いやぁ、それはもともと男友達じゃなねぇ、、」と会話を盗み聞きしながら突っ込みたくて突っ込みたくてしょうがなかったのだ。。w ぐっとこらえたけれども。。w

もう10年近い付き合いの男友達とかもいるけど、ほんと二人きりで朝まで飲んだとしても何も起こらない自信がある。んでもってそれは、それぞれ付き合っている彼女/奥さんや彼/ダンナ様の愚痴は言っても、お互い大変だよねぇ( ´_ゝ`)以外の話に発展しないのがいいんだと思う。やっぱり悩んでいることを打ち明け、うんうんと頷きながら聞いてくれた上に優しくされると心はきっとグラグラする。そしてグラグラしている時点でその人はもはや「友達」ではなく、「気になる人」になるんじゃないか。

要は男と女の友情を成立させるにはやっぱりマナーがあって、それはほんとに友達として付き合いたいなら、あんまり相手の恋愛話に首を突っ込まないってことに尽きる。気の合う異性の友達はほんと貴重なので、後戻りできるうちに引き返した方がいい気がした。もともと好きで、しょうがなく友達のポジションにいるならともかく、せっかく気がおけない関係になった人と、「付き合うか別れるのか」の二択になってしまうのはなんとも惜しいなぁと、盗み聞きしながら思ったのだ。

その日、何故か気分が少し高揚し、久しぶりにとある男友達に「こんな結論が出た」とメールを送ったら今日こんな返信が届く。

「いや、お前は俺が悩みを打ち明ける隙を与えずにマシンガントーク炸裂ですが( ´_ゝ`)」
「そしてお前は人がアドバイスしてもまったく聞き入れませんが( ´_ゝ`)」

ぁぁそういえばそうなのかもw
要は発展しようもない友情ってのもあるんだろうなぁ。。w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2005

今日見た夢。の巻

見知らぬ人から猛烈に愛を語られた夢(しかも英語w)を見た。君は俺の魂の片割れだベイベーとか、俺の愛はマリアナ海溝より深いぜ~とか、どうしようもない台詞ばっかり記憶に残っていて苦笑する。。w

さて自分を振り返ると、割とクサイ台詞が平気で言えちゃう方かも知れないw好きになったら好きというし、どこがどう好きなのかもきちんと相手に伝える方だ。愛情直球一本勝負が幸いしてか、割と相手からも嬉しいことを言ってもらえることが多いようにも思う。

が、私自身はあんまり言葉ってやつを信じていない。口ではどうとでも言えるってのが心のどっかにある。だから直接的な愛情表現より、態度や表情といった間接的なモノにいたく萌える。夢から覚めて(なんていう夢だ・・)と自分自身で突っ込みを入れながら思い出したのは、ずいぶん前のとある朝方、朝まで一緒に飲んだ人のこと。夜明けまで飲んで、だけど始発で帰る気はせずに夜明けの街をフラフラと歩いた。別に付き合っていた訳じゃないから手を繋いでいる訳じゃない、だけどお互い好きだなぁ?という確信はあり、ようやく辿り着いた喫茶店で、高い上にマズいコーヒーを呑みながらどうでもいいことをずっと喋っていた。ふと、amyみたいな人にあったことがないと言われた。そう?と私は言った。その後まじまじとお互いの顔を見て、なんだか恥ずかしくなってうつむいた。そしてその時のその人の表情・仕草を思い出すと、今でもどうしようもなく甘い気持ちになる。

こういう愛情の感じ方の厄介なところは常に「勘違い」の可能性が多く含まれていることwそれでも「マリアナ海溝」とか「魂の片割れ」なんて言われるよりは、ずっと心の奥底で「安心」をくれるように思っている。

さてあの人は、今頃何をしているんだろう?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2005

ご飯食べる。の巻

先週くらいから驚くほど食べなかった私なのですが、今日とうとう!以前と同じ量の食事摂取に成功(´Д`*)
久しぶりに食べ物の味を噛み締め、つくづく食事って大事だなと思う。が、今計ったら体重は45.2kgのまま変わらず・・てことは朝の時点で45kgを割っていたんだろう^^;
夏バテだったり胃が荒れてたりもあるけど、精神的にちょっと参っていたのが食欲不信の原因なんだと思う。「健全な精神は健全な肉体に宿る」というちょっと問題のある言い回しがあるけれども、体も心も案外密接に関わりあっていて、片方が極端に落ち込むと引きずられてもう片方もおかしくなるってのが真実なんじゃないか。「健全な精神は健全な肉体をつくり、健全な肉体は健全な精神をつくる」とでも言おうか。ともかくそんなことを考えた。

そういや19歳の頃大好きな人がいた。2個上で他に彼女がいることを承知の上での遠恋。もう片方の彼女も東京に住んでいるという、なんとも奇妙な関係に最初に終止符を打ったのは「更に別の女と浮気」が発覚したからだった。(それにしてもすごい人と付き合っていたもんだ。。。w)
さて自分から「別れる」て言ったのはいいが、めちゃくちゃ好きだったから、家に帰ってもずっと泣き通し。それでもご飯の時間になるとお腹がすき、そして泣きながらむしゃむちゃご飯を食べた記憶がある。めちゃくちゃダメージを受けているはずなのに、妙に食欲があるのがおかしかった記憶。若かったからなんだろかw

あの頃と今の自分を並べてみたら、どっちが強いのかなと考える。クヨクヨする割に立ち直りの早さは天下一品だった19歳の私と、普段安定している分、何かがあった際の凹みっぷりがひどい28歳の私。どっちも「私」に違いないんだけれども、同じ「事件」があってもなんか対照的な動きをしてそうであるw

やっぱり人って変わるんだなぁ、と改めてしみぢみする。

そういや日曜、月がきれいだと思ったら中秋の名月だったのねん。久しぶりに月見をしたな。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 17, 2005

ミリ・バニリの巻。

なんかのオムニバスに入っていて、気に入ってCDを買ったMILLI VANILLI。
20歳の頃よく聞いていて、ただそのうち飽きて、しばらく放っておいた。昨日久しぶりにかけてみたら懐かしくて、いったい彼らは何してるのだろうとぐぐってみる。

1.グラミー新人賞取る
2.ALL 口パクがばれ、グラミー賞剥奪される
3.片割れヤク中の上自殺
4.Real Milli Vanilli なるものが一瞬話題になるも瞬殺

(((( ;゜Д゜)))

笑えるのは、私がCD買った時には既に4.から数年経った後だったということ。つまり私がCD買った時には既にグラミーは剥奪され、片割れは死んでた訳だ。事前インフォメーションがあったら絶対手を出さなかっただけにすごく不思議な縁を感じた。ちなみに私の好きなのは「I'm Gonna Miss You」という曲。気が向いたので全部訳してみる。

----
初めて会った時からこんな予感はしていた だけどそれでもいいとずっと思っていたんだ
たまらない笑顔と意地悪な指で僕のことをもてあそんだ 
君が魔法をかけている間いつも切ないことばっかりだったような 息もできないくらい
だけど結局ずっと一緒にいることはできずに 今は寂しい
好きだった気持ちはどこにも行き場がなくて 今は寂しい

結局君の気持ちを変えることができず 何も手につかず今はただ呆然としている
この気持ちはどうすればいいんだろうと 全く分からずにいる

現実を認めるのはつらいけど、それでも君と初めて会った日のことは忘れない
君がいなくて 今は寂しい

蜂蜜みたいに甘くて優しかった君 そんな記憶は簡単に消せやしない
まるでおとぎ話みたいに夢のような時間で だから傷はちっとも治りそうにない
楽園のような時間を過ごしていた 夢から覚めたら現実はとっても味気なくて
だから今はこんなに寂しい

---
ちなみに元歌詞はこんなの。もはや別歌詞となってますが気にしない(゚ー゚*)

好きな曲がほとんど全て失恋ソングなのはなんでだろうと少し考え、私の中で出た結論のようなもの。
片思いでも両思いでも、「あの人がいなくなってしまったら」と考えることは誰にでもある。そして大切な人がいなくなって「寂しい」という痛みに近い感情を味わっている時って、どれだけその人のことが好きだったのかと気付く機会なのだ。たぶん私は「いない」状態を失恋ソングを聞いて想像し、現実は「いる」てことに至福の喜びを感じるタイプのように思ったw(いったいどういうひねくれ方をしているのだorz)そしてきっと(私がいなくなったらこんな風に思ってくれるのかな?)という甘い妄想もあるんだろう。そんな数々の事情があり、私は失恋ソングが好きなんだと思うw

ちなみに脳内失恋は多くても実際あまり振られたことがないのは、多分私はその予感がした段階で自分から逃げ出してきたから。自分に対する相手の愛情が冷めていく前兆を感じた瞬間に、あさっての方向に逃走する。。w 失恋ソングが好きな3つ目の理由って、そこまでちゃんときれいに恋を終わらせたことがないから、実はちょっと羨ましいのもあるのかもしれないな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 13, 2005

切ない人。

「久しぶりに考えるだけで切なくなる人と会った」と友達からのTEL。いるよね、そういう人。最後に会った時のこととか思い出すだけで胸が痛くなる人。そういう気持ちってほんと宝物みたい。「その瞬間」はどちらかというとつらい部類に入るかもなんだけど、後から思い出すような時期になっていっそうキラキラ輝くのだ。「思い返して切なく思ってもらえるような人になる」のが10代の終わりから一貫している+amyの理想像なんだけども、実際はきっと、自分にとって「思い出すと切なくなる人」の方が遥かに多いwいろんな人を好きになったよなぁとか改めて過去の遍歴を思い返す。一部どういう経緯で遊んでたのか、顔どころか名前もろくに覚えていない人がいて笑える。。w
それでも「好きだった」て気持ちは残るもんなんだ。

さてさて久しぶりに女友達の純粋なコイバナを聞き、おせっかい精神全開。。。。!!!

+amy 「がんばんなよ~てか今度会わせて♪取り持ってあげるから」
+friend「ヤダヨ、モッタイナイw」

(((( ;゜Д゜)))

挙句の果てに「+amyは結婚してから余計タチが悪い」と貴重なご意見をいただく。。。orz
結婚する前の方がいろいろ声かけてもらうことが多かったんだけど。。。なぁ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧