March 20, 2006

大島弓子「8月に生まれた子供」の巻。

大島弓子はもともと好きな漫画家。ゆうちゃん@故人から3000円で全集を買い取っていたりする縁もあるんだけども、白泉社文庫「ロストハウス」に収録されている「8月に生まれた子供」という作品、機会があったら是非読んで欲しい。急速に老化していく女の子の話で、切なくて、でも暖かくて、久しぶりにちょっと泣いた。

この間本屋さんで立ち読みした早期老化症(プロジェリア)のコの日記「アシュリー」を読んだせいもあるけど、最近よく「年を取る」という事について考える。昔は一刻も早く年を取ることばかり考えてきたけど、今は時間を早送りすることも巻き戻すこともしたくなく、願わくば「今」この瞬間で静止した人生を送りたいと切に考えてしまう。

そう考える訳のひとつに、私のイメージする40代以降というのが「家族」や「親の老後」といったマイナスのイメージばかりなのが大きい。もともと人生のピークを勝手に「35」に照準をあてていた弊害?その後のイメージが全く湧かないのだ。もちろん若々しい人や人生を満喫している40代の人もいるんだけども、なんかこう、具体的に自分でイメージできないというか、なんというか。小説書いてソコソコ暮らしていければいいなぁという野望もあるものの、じゃあ今まさに40代で正に作家の小川洋子になりたいかというとそうでもない。こんなに「どうしていたいのか」が見えないことはほんと人生初で、だからより一層困惑してしまう。

しょうがないので、先を見ずに幸せだと実感できる「今」を楽しむことにするw
ただ願わくば40になる前の誕生日をブルーな気持ちで過ごさなくてすむように、「8月に生まれた子供」に出てくるびわ子のように、生きることに執着はもっていたいよなと思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2006

「3P」を読むの巻。

SPA!の叶恭子へのインタビュー記事を読んで今さらファンになり、最近でたばかり?の「3P」を買ってみた。言葉使いや構成が微妙ではあるんだけども、ぶっ飛び感がたまらず、ますます叶恭子という人の虜になりそう。。w

私はあまり男の人の財力や権力といったものに魅力を感じないので、そのあたりでは「ふーん」という感じなんだけども、付き合う前に「私はあなたからお金がなくなったらキライになりますし、他の男の人とも機会があれば一夜を共にしますがそれでもいいですか?(゚ー゚*) 」と確認した上で関係が始まるというクダリに心が痺れる。心に思っていることをそのまま口に出せるというのは稀有な才能で、私もできればいつもそうやって生きていたいのに。。と心から思ったりする。

昔から本音と建前ってやつが苦手だ。といいながらも、結局私は叶恭子ほどに素直な訳ではなくて、しかも年々「本音」と「建前」が乖離する場面が増えているようなw 別に正直でいる事が常に正しい訳じゃないとはおもうけど、少なくとも「どう生きたいか」といわれれば「思ったことは全て口にしたい」としかいいようがない。叶恭子のように生きるには多分常に胸を張って生きてナンボの「自信」てやつが必要。私もかなり態度だけはでかい方だと思うけども、あそこまであけっぴろげで生きるには、まだまだ道は険しいw

「見た目」に対するこだわりというか憧れはなく、あの「みなぎる自信」に引き寄せられてるんだけども、叶恭子の自信の源は美しさ(まぁ普通の男の人からみるとかなり微妙なビジュアルだと思うけど・・)とセックス(ものすごい技があるらしいw)なのかなぁと思う。どっちについてもそれほど興味はないから、何を根拠に堂々と生きていこうかと久々に深く考え込んだ。。w

・・・。
・・・。

ネット探偵?w
2ch?w

しょ・しょぼい。。w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2005

AERAが壊れかけ?の巻。

最近AERAとは久しくご無沙汰だったのだが、「のまネコ」記事が載っているというので、久しぶりに買ってみた。
のまネコ記事は置いといて目次みてびっくり。AERA大丈夫なのか?w

「電車男の嫌オンナ論」
---「電車男」で脚光を浴びたオタク男性だが、心のうちは「今さら恋愛なんて」
---脱恋愛社会の真萌え女性像「ツンデレ」指南

ツ・ツンデレ??(((( ;゜Д゜)))

ツンデレの意味は次のとおり。またマニアックなところを攻めてきたもんだと電車の中で笑ってしまった。なんというか、こう、こういう仲間内だけの言葉が、ネットのおかげでメジャー化してるんだろうなと思いつつ、とうとう週刊誌もこういう記事書くようになったんだなとしみぢみしてしまう。

私が女性雑誌に関わっていたころ、一瞬「可愛ゴー」という言葉が一瞬流行ったことがある。可愛い+ゴージャスの略で、言いだしっぺはとある雑誌の編集者。そう、昔はマスコミってそういうキャッチーな言葉を作り出すのもお仕事のうちだった。ただネットというツールが発達してしまって、みんなマスコミの思惑どおりに動かなくなってしまっている。SPA!のように「??」な記事を連発するかAERAのようにネットで流行っていることを後追いするか。そしてAERA!方式はやっぱり詳しく知っている人が書かないとピントはずれなものになる。「のまネコ記事」で??の件は2chTOPに貼られている8頭身モナー画像についての説明。「今回の騒動が起きてから、つぼの中でモナーが苦しんでいるように見える画像になった。」とキャプションついてるけど、中にうつってるのモナーじゃなくて8頭身にしか見えない上に公式に誰かが「モナーが苦しんでいるように見せた」といった訳ではなく「そうなんじゃね?」と噂されているだけに過ぎない。多分ひろゆきと井上トシユキさんにコメントとった程度で、後は関連サイトみてまとめたんじゃないかなという記事。リアルタイムで追っていた訳じゃないから、どうしてもこういう??な記事になってしまう。

やっぱり世の中が非常に「総オタク化」してるので、ジェネラリストってこれから生きるのが難しい世の中になる。職人になるか、コーディネータになるのか、2者択一の世の中になるのだというのが私の見解。もともと広く浅くの人なので、職人が求められる世の中だと、ライターみたいな仕事は厳しくなってくる。つい最近まで畑違いの記事を書かせてもらったけど、興味が薄い分、本当に詳しい人から見るとハァ?な記事になってしまった^^;いっそのことコーディネータに徹しようと思いつつも、やっぱり職人へのあこがれもある。時代が読めることと乗れることはまた別だなと最後はなんだかしょんぼりな結末のようで。。w

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 05, 2005

散財の巻。

朝寝坊する

迷った挙句しわくちゃのパンツで出勤

みんなに笑われる

恥ずかしくなる

昼休みに服買いにいく

15Kのパンツ買うはずが裾2cmつめないと微妙なシルエット

お直し平均3日かかるとのたまわれる

10Kのスカート買うには無駄毛処理がイマイチ

30Kブーツ買う(UNITED ARROWS/スエードブーツ/gray)

20Kワンピ買う(IENA/ウール素材の半袖ワンピ/navy)

ようやく着替えるも会社のロッカーにブーツの箱が入らない

箱を折り曲げて無理やりいれる(悪目立ち)

家に帰る(小雨・・)

クレカの明細みる

1時間のうちに5万使ってる

私はアフォですか(((( ;゜Д゜)))

しょうがないので次の給料日まで貧乏生活(´・ω・`)

本当は15Kくらいのブーツ2足買いたかったのに。。
ワンピも10Kのでよかったのに。。

なんて気持ちを抱えつつ今日はマッサージへ。4Kで味わう至福の喜び(゚ー゚*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 09, 2005

ブックオフの巻

土曜日に某所のブックオフに行く。目白に住んでいた頃は駅前のブックオフで1週間に10冊くらい買ってたにも関わらず、今回は阿刀田高を5冊・酒井順子を1冊・西原理恵子の「できるかな2」を1冊と平凡なチョイス。
合計500円に満たない訳で安いことは安いのだけれども。
目白のブックオフに通いつめていた頃は潰れてしまったリブロポートや光琳社出版の本が大量に、しかも恐ろしく安い値段で山積みにされていて、宝物のような「よい本」にめぐり合う度に涙流して喜んでいたものである。
最近は出版社事情を落ち着いているようで、辺りを見渡しても「きれいな古本」以外は見受けられず。
数千円の写真集やビジュアルブックなんて、よほど思いいれがないとなかなか買おうと思わないからなんとも残念な感じである。

池澤夏樹のページでは、私が昔持っていて人に貸したまま行方知れずの「君の住む星」がリスティングされておらず、そういう意味で作者の記憶の中では重要視されていないらしい。。。なんだか悔しくてamazonで注文したものの、こうやってすぐに手に入るのが嬉しくもありつつちょっと複雑な気持ち。膨大な在庫の中から気に入った一冊や探していた一冊を偶然手にする快感というのは確かにある。
時代が便利になりすぎる事で、そういう類の小さな幸せが少しづつ消滅していっているように思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 04, 2005

クリスティ読破中。。

またまたアガサ・クリスティを読んでいる。
この週末から今日までに4冊を読破。ちなみに今日読了したのはトミー&タペンスの「運命の裏木戸」。
地味ながらもトミー&タペンス物、結構面白い。ちょっと出来すぎなところは相変わらずですが^^;
基本的に薄っぺらく幅広くなタイプの人間なので、「ガンダム」でも「日本史」であっても「ファイナルファンタジー11」でもいい、ひとつの分野で知識を持っている人に憧れている。そこで今目をつけているのがクリスティ。願わくばクリスティ文庫を全巻そろえて、細部にわたってウンチクを披露できる人間になろうというのが目下の野望だったりする。。。w@30冊くらい?なんとか夏までに読破したい今日この頃である。

さてさてクリスティ。トリックの妙が今も読み継がれている最大の要因であることは承知しているけれども、私的には女性キャラクターの設定がピカイチだと勝手に感心している。「白昼の悪魔」の被害者アリーサ・マーシャルのように美人だけどすぐ飽きられるタイプの人だったり、「鏡は横にひび割れて」のアリーナのように、美貌と名声に恵まれていながら満たされていなかったり。実際そういうタイプの人が多いだけに、「作り話」以上の切実さを感じてしまうのだ。
昔からあんまり自分の見てくれに対して興味がもてないのは、「見た目の美しさ」が必ずしもいい人生をもたらさないパターンの話を小さい頃から繰り返し読んだせいじゃないか。そしてそれを言い訳にせず、「もうすぐ28なんだし毎日化粧くらいしようぜ!」キャンペーンを継続していきたいもんなのである。
いやぁ、化粧するとよくナンパされるのね。しばらくそんなのとはご無沙汰だった。。。
昔はうざかったのに昨日・今日と実は少し御機嫌。やっぱり年とったのね。。w

| | Comments (0) | TrackBack (0)