June 07, 2006

品川トライベッカ&友達とランチの巻。

Untitled2
+amyの誕生日祝いということで、昨日は仲良しのTちゃんと一緒に品川トライベッカへ。レガッタ汐留のイタリアンとかなり迷ったのですがトライベッカで正解!トライベッカはjazzメイン生演奏のショーがあるラウンジ。割とマイナー?wな出演者だったので空いていたというラッキーはあるにせよ、雰囲気◎食事○音楽☆の素敵空間。初めてのデートで2軒目の店で使うといいんじゃなーい!と勝手に妄想してましたw 
ジャズの何がいいって音楽聴きながらお酒飲めるところに尽きる!特にトライベッカはサウンドの音量控えめなので、ショーの間もお喋りできる感じで本当に心地よかった。1stのショーの最後にはハッピーバースデーsongのサプライズがあり(こういうの久しぶりでかなり照れくさかった。。w)なんかほんとTちゃんに感謝って感じだった。Tちゃんの誕生日も素敵なお店を見つけてお祝いしてあげたいよなと心から思う。

そして今日は大学時代からの仲良しさんと会社のお昼休みを利用してランチ。昼間のオフィス街のど真ん中だというのに、いつものごとく会話が↓にいきがちなのはさておきw やっぱり長く付き合いがいると話が早い。笑っちゃうけどもう10年近くたまに飲んだり遊んだりしている訳で、会社への帰り道、妙にしみぢみした気持ちになる。「人生とは大いなる暇つぶし」という誰かの結構共感している言葉があり、どうせなら隙間を埋め尽くしたいってのが私の信条なんじゃないかと最近考えてた。ナイスなタイミングでそんなような話ができてよかったよなと思っている。

それにしてもついこの間までThe King OF 「不精」だった私が毎日化粧をして会社に行き、平日にも関わらずいろんな人と会ってアクティブに動いている様が自分毎ながら不思議でならない。。w 20代最後の悪あがき?w
どうせなら+amy史に残るような強烈な年にしたいなw

*写真はトライベッカのバースデープレート☆ Thank U so much!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 17, 2006

お引越し+DGP-7+ここ最近の巻。

ココログ使ってちょうど2年くらい?はっきり言ってしまえば重すぎて書き込む気がしなくなってきたのでお引越しすることにしました。予定ではサイトも作り変える「はず」なのですが、なにせ時間が。。。w
以前書いたようにBlog用のFreeCGIを使ってみようかと思ってます。Livedoorもラブログも似たようなもんのように思うし、一応課金されるコースに入ってはいても、やっぱり自由度は自分でカスタマイズできる方が断然あるので。それにしてもしばらくCGI的なものに一切触れていないので、挫折しないか心配w困ったらねもかさんやkickteaさんあたりに相談してみようと思うのでどうかよろしくお願いいたしますw
ピアノを地味に弾きこんでいるので、更新頻度は週に1回を目標に、その分もう少し内容のあること書けるようにがんばるつもりです、うむ。

さてさてDGP-7。この間YAMAHAに行った際に一目ぼれしてしまい、現在真剣に購入検討中(ただし親に買ってもらうw)タッチがすさまじくよく、音も非常に気に入った。見た目もエセグランドなのでインテリアとしても◎??@50K円値引きしてもらうことを前提に本日価格交渉1回目をしてきました。といっても言い値が予算とかけ離れていたため、今日は相手の話だけを聞いて様子見。これから地味にメール攻撃をして、なんとか6月までに目標価格でYESと言わせることが目標だったりしますw ちなみに狙いは店頭展示品。何を隠そう私は店頭展示品マニア!歴代私が選んだ電化製品はほぼ全て店頭展示品を購入しているような。。w
店頭品の何がいいって中古は中古でもお店でそれなりにケアをしているので、状態が比較的良好なこと。また最初に新品で値引きした価格を掲示してもらった後に「じゃあ店頭品なら?」の価格交渉に入るため、当たり前ですが値引きした新品の価格のしたから交渉に入れるので、話が早くなるのです。もし何かの機会があったら是非是非お試しいただきたいと思いますw

最後に私のやりたい事というのが「小説」に特化していたここ昨今から、音楽やら書き物やらに象徴されるOutputの作業そのものに変化してきていることについて。ピアノを弾き始めてから薄々勘付いていたんだけども、私はとにかく「自己表現」という作業が好きなのだ。「書く」という事は私にとって一番てっとりばやい手段にしかすぎず、実際は「書く」こと以外にもいろいろな自己表現に興味があるんだなぁということをここ最近強く感じる。一生仕事をしていこう?というか私は専業主婦にはなりたくない。今までは専業主婦は嫌だ=「モノカキなら家でもできる」と頑なにすがっていた部分があるけれども、今は仕事がそこそこ充実しているせいもあり?カキモノだけじゃなくピアノやラテンダンス(実はまたやろかと思っている。現在チャチャのステップを思い出し中。。)やバレエ(きっとやらないけど)にも興味があり、昔ほど「やるならプロになりたい!」みたいな気負いも薄れてきたように感じている。

ちょっと寂しいようなほっとしたような。また仕事で行き詰ると「やっぱり小説!!」とか言う可能性もあるけれども、とりあえず今はそんな感じです。思えばプロとはいかないまでも編集者の人とメールをやり取りするような機会が何度かあり、またコネもあったのに積極的に使おうとしなかった時点で縁がなかったようにも最近感じていたりする。ただ2chとかで褒められたりするだけでちょっとうれしかったりするので、書くことそのものはずっと続けていきたいと思うのだ。ちなみに「アリョーシカ」と「この道の果てには」を書きました。お時間あればぐぐってみてください、あははw

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 16, 2006

初めてのLessonの巻。

今日は初めてのジャズピアノレッスン。

最初は「コード譜ってのがあってコードってのが・・」て話をされ、「いやーなんとなく分かりますよ?」と言ったところDanny Boyの楽譜を渡される。基礎というか、一応弾けたら「こいつは弾ける」と思われたのが13thが9thが~という話をたんまりとw 私の場合付け焼刃だから、厳密に分かる訳じゃないのでそれはそれで「・・・」となり、先生としてはどう扱っていいのか分からない様子。。w

それでも基本的なⅡ-ⅤーⅠのコードが書いた譜面を渡され、合いそうな音をあわせて弾く練習。根本的に違うコードを弾いたら弾いたで「違う」と言われるので、やっぱり一人でうなっているのとは全然違う。ほんと習いにいくことにしてよかったと思った。

かといって自主学習が無意味だったかというとそうでもなく、先生の話が半分くらいはフムフムって頷けるのはよかった。クラのみバンド経験なしだとやっぱり使っている言語が違うので、去年の10月くらいに「やろう!」と思った時に習い始めるよりか、もっと安心してできるのがよかったかなと。

それにしてもクラシックのレッスンてピアノ+バイオリンあわせて20年以上分やったけど、ジャズのレッスンと全然違うなぁ。来週までに何をやればいいのかわからず「何をしておけばいいですか??」と聞いたら先生もちょっと困っていたみたい。本来だったら好きな曲もってって教えてもらうのかなぁ。。言われたことをこなすことばかりやってた私にはそういう微妙なところが驚きと戸惑いの連続のようですv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 15, 2006

寺井尚子の巻。

ジャズバイオリンなるものに興味を持ち、TSUTAYAで寺井尚子を借りて見る。恐る恐る聞くけど、一言でいうとピアノ以上にごまかしのきかないシビアなもんだった。。w

バイオリン、やっぱりなんだかんだいって難しい楽器だと思う。キレイな音を出すのが難しく、更に音程をきっちり出すのが難しい。ピアノのようにコードがない分、ジャズっぽく弾きやすいかと思ったけど、さすが10年のブランク。。まず音がまともに弾けないwダンナ様曰く「ピアノの方が上手い」ということで、やっぱり取り戻すのに最低3ヶ月はかかるんだろう。バイオリンのよくないところは音がでかい上に音程が不安定で弾いている本人が聞くに堪えないこと。。wその点叩いたらそのとおりの音が出るピアノの方がはるかにとっつきいやすいと思う。

4歳から18歳過ぎまで毎日30分は強制的に練習させられてたんだけども、よく私の家族はあれに耐えたよなぁと今日弾いていて思った。弾ける曲はそこそこ弾けるんだけど、初めて弾く曲がやばいのよねぇ。。後半から自分でもうんざりしてきてそそくさとケースにしまう。ほんと弾ける時は弾くことに興味がそれほどなかったのに、いざ弾けなくなった後に猛烈に弾きたくなるのはなんでなんだろうw
人生てそういうことの繰り返しなのかなぁと思いつつ、少なくともこれからはそういうことがないように、一見無駄だったり無意味に思えることでも細々ととりあえず続ける習慣ができたらなと思う。

まずは化粧・・・?w

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 07, 2006

オペラ座の怪人+jajaの巻。

そういや随分前にとった「オペラ座の怪人」をみに、汐留へ。いやーこのビル、いいです。六本木ヒルズとか丸ビルとか比べ物にならないくらい絶景。東京で一番のナイススポットなのではないだろか。是非好きな人といってみてください、レガッタ汐留。かなりおすすめ。

「オペラ座の怪人」は初めて見るミュージカル。確かに舞台の作りとかすごいし、上手いんだけど、やっぱり洋物ソングを和訳すると微妙だなぁというのが一番の感想。「夢から醒めた夢」が今まで私が見た劇団四季のベストミュージカルなんだけども、あれのよさはやっぱり「歌」だった。サイトで見つけて久しぶりに聞いて、なんかじーんとしてしまう。仙台公演2回行って、昔から単純明快だった私はこれ見て「ミュージカルがしたい!」と夢見たんだっけ。懐かしさでなんか胸がイパーイ。(゚ー゚*)

話は変わるけれどもその後駅に向かう途中に「jaja」というフュージョンの人達のストリートライブに偶然通りかかる。いや、これがめちゃくちゃ上手いんだかぁ、、、かなり厚着してる私が震えている横で、ソプラノサックスの人の指が回る回る。。めちゃくちゃ上手くて聞きほれて、家に帰って即効検索した結果、この人達、年に200回以上もライブしてるのね。有名どころのライブハウスから、地方の商店街のイベントまでw こういう「音楽弾けるなら場所は選ばないぜい」系のアーティスト、スタンスにまず惚れますねw
私が行きたい南青山の曼荼羅や目黒のブルーアレイジャパンでもやるみたいなのでそのうち聴きに行きたいと思う。

まあ改めて、私もそのうちこんなことしたい、と野望は膨れていくのでしたw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 29, 2005

老人力の巻。w

いやー、たまたまTVをぼうとみてたらすごい番組がやっていた。。w
でてくるのは70を超えたおじいちゃまおばあちゃまばかり。そしてピアノと声というシンプルな構成でオペラの曲やスタンダードなナンバーを歌うのだ。
その中でも、とある72歳の男性が歌うカンツォーネに思わず聞きほれてしまう。歌を習い始めてから36年とおっしゃっていたが、声だけ聞いたらプロかなって思っちゃうくらい。他の人もみんなそこそこ上手くて、70超えてるのに声が艶っぽく生き生きしてる。そしてみんな年の割にめちゃくちゃ若いのだ。
やっぱり音楽て聞くものじゃなくて演るものだなぁと、見ていて思う。私は歌えないので指くわえてみてるんだけども、その分年とってもノリノリでピアノとバイオリン弾いてたいなと心に誓う。いやーそれにしても最近の老人力はすごいなw 多分ぼうっとしていると70歳に負ける。。w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 11, 2005

ジャズピアノへの道②の巻。

クラシックをやってた人は楽譜が読める。ので、コード譜のテーマだけならほとんどの人が初見で難なく弾けるはず。Confirmationとかめんどくさい曲はあるにせよ、それでもせいぜい5分あれば160くらいのテンポなら弾けるでしょう。

問題はコード。左手のボイシングとか呼ばれている部分がめちゃくちゃ敷居が高い。。要はCとかGとか書いてあるコードを頼りにクラシックでいう「和音」を導きだす作業。そもそも自分で和音を考えたことがない上に、C=ドミソという観念を崩していくのが非常にしんどい。。wたとえばサンタさんの楽譜で書いてあるCにはミソラレという音がサンプルとして書いてあるんだけれども、「ミとソしかないじゃん!」と最初は???の連続だった。そのうちrootである「ド」の音はベースが弾くからピアノは弾かないといわれ、まず最初の「!」、更に「レ」の音はドの音から数えて9番目にある9thという呼び方をし、テンションと言われている音であること、「ラ」の音も似たようなもんなんだなと何となくわかってくるまで約1ヶ月。。。w

にしてもまだぱっと頭に浮かばない。聞いていてコードが変わったり、コードが変わる時に別のコードを入れて繋ぐのがわかっても、この音が「C」のつもりなのかどうかってのが謎。。w
そこでひらめいたのは楽譜が読めるんだし、とりあえずは意味が分からないままとりあえず弾いてみて、「あ、この音をCとしてもいいのねぇ」と記憶を蓄積していくのがクラ出身の人には一番近道だということ。せっかく楽譜読めるんだし、どんどん適度に難しい楽譜を一杯弾いて、いろんな「C」に関する記憶を溜めていくのが一番よさげ。最初の頃はスーパーマリオの曲をジャズっぽく弾いてみようと試行錯誤していたのだけれども、どうも時間がかかる上に、あまり頭に残らないことにしばらくして気付くw

それにしても2ヶ月+αジャズコンバートしながら思うのは、クラシックって結構楽しんで弾くまでに時間のかかる音楽だということ。ブルグミュラーくらいを弾けるようになるのに普通2年ちょいかかるのが標準だと思うけど、ピアノにジャズから入った人って、それくらいの期間があれば、結構人前で弾いて恥ずかしくないレベルになる気がする。(あくまでも周りをみてだけども)その理由が「好きこそ物の上手なれ」に尽きるとしたら、やっぱり小さいうちに楽器をやらせることは「忍耐力」をつける以外の何物でない気もするw
やっぱり音楽はいい気分転換になるし、どんな楽器でも弾けた方が絶対楽しいと思うけど、いやいややってもあんまり身につかないものなんだよなぁと感じる今日この頃だ。

ちなみに私のバイオリンは14年間いやいややった割に、まあまあ弾けるようになった方?親に感謝しないとなw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 10, 2005

ジャズピアノへの道①

【ジャズを始めるにあたっての私のスペック】
ピアノは6歳くらいから18歳まで、確か最後に弾いた曲はショパンの幻想即興曲なので、全音ピアノピースのグレードでいくとEくらい。その後ずっと弾いてなくて、ブランク10年くらい。それでもたまに思い出したように弾くことはあったのでそこそこ指は回る。音楽理論はイギリスの高校に行った時にちょっとやったので、なんとなくはわかる。コードは読めるけど瞬時に反応できるほどじゃない。

主にクラシックピアノからジャズピアノへコンバートしたい人向けに書いてみる。私もまだ全然ちゃんと弾けないけども、それでも仲良しさんに助けてもらったおかげで、2ヶ月でだいぶそれっぽくなってきた。。。!出会う人や教則本に助けられた側面がでかいので、忘れないうちにつらつらと。まだピアノをほとんど触ったことない人やバンドとかでキーボードやってた人には多分参考にならないので注意・・第1回?wの今日はクラシックやってた人がよくやりがちなNot to Doについて。

1.巨匠系(ビル・エバンスやオスカーピーターソンなど)の楽譜を最初から買わない
クラから始めると「ジャズを弾こう」=「ジャズの楽譜を買おう」となりがちです。。そして私もブランク10年の間に何冊か買いましたが、あれはよほど譜面読むのが好きな人でないと挫折します。。そして簡単にアレンジしすぎた楽譜は非常に物足りないので、飽きます。。おすすめは以下の2冊です。

★初めてのジャズピアノトリオ
★初めてのジャズピアノトリオ-カラオケCD強化編

この2冊だとそこそこ弾きやすい上に難易度もそれなりなので、お腹一杯になりません。後カラオケCDにあわせてひくスタイルの分、ピアノソロ向けに比べて非常に響きが「ジャズ」です。

2.コードや理論を最初に覚えようとしない
好きな人はいいのですが、わかってからじゃないとジャズができない訳でもなく、その前にまず一曲、楽譜どおりでかまわないのでなんか弾けるようになるのがよいかと。「ジャズの練習」というハノンのような本があるので、これを一冊やってからの方が頭に入るかもです。

3.間違えても止まらない/決めたテンポは絶対に崩さない
どうもクラシックをやっていると一音間違えただけで先に進めないと思いがちですが、実際は立ち止まらないことの方が重要。。なのでカラオケCDと一緒にやると、後戻りができないのでよいです。またクラシックのように1小説を何回も練習するんじゃなく、1フレーズをゆっくり、くっついている音をシンプルにしながら練習するのがよさげです。

最初の頃は1日1時間くらい以下のサイクルでやってました。
1.スケール(15分くらい)-この頃はjazzHanonという本をやってましたが、今やってるジャズの練習の方が
  よさげです
2.カラオケCD付でひたすら「Santa Clous is comin' tonight」(30分くらい)
  -好きな曲なら何でもよいと思われます。
3.「初めてのジャズピアノトリオ」に入っている曲をランダムに気に入った曲を片手で弾く(15分くらい)

もともとポップスとかやってた人には無縁の話なのですが、やっぱり長年クラシックをやっていると楽譜の呪縛からなかなか逃れられませんwんで「楽譜に頼って弾くなんて( ´_ゝ`)」といわれがちですが、楽譜が読める分いろんな曲を簡単にコピーできるので、考え方変えれば最強ですw
ようやく私はsantaさんでアドリブぽいことが出来るようになりましたが、いろんな楽譜の寄せ集めにしかすぎず、そしてジャズはどうやらそんなもんなのかとw 弾きやすくかつそこそこやりがいのある曲みつけて弾きこなすまでが第一の関門ではないでしょか!

ちなみにジャズピアノへの道②では私が散々苦しめられたコードについて書こうと思います。
乞うご期待★

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 09, 2005

グランドピアノ in 下北の巻。

グタンドピアノが弾きたいなぁと思い色々探した挙句、下北にあるNOAHのスタジオを借りる。YAMAHAの練習室とかが1h/3000とかなのにも関わらずNOAHは1h1500円!久しぶりに思い切り弾く生ピアノの音(ff)はやっぱり感動モノで、最初は思わずじーんとしてしまった。

が。

クラシックを弾くならともかく、YAMAHAのピアノ(特にグランド)はあんまりジャズを弾くのに適さないような気が・・w音が重いしスタジオの作りもあるんだけども共鳴しすぎw結局ジャズの練習というよりは一人リサイタルのような感じで時間があっという間。おかげで今は腕がすごく痛い。。

ああいう貸しスタジオに足を踏み入れたのは高校の時以来だから12年振りくらい?いかにもバンドマンな人をたくさん見かけ、ちょっと高校の頃のことを思い出した。あんまり上手じゃなかったけど、楽器触ってる時の友達の顔が嬉しそうで、よく練習を友達と見学してたんだよなぁ。はやくもちょっと弾けるようになって今度は一緒に弾く側にまわりたいなと心から思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 07, 2005

クラシック×ジャズの巻。

ジャズ漬けの毎日ですが、やっぱりクラシックも好き。クラシックのよさってかっちり型にはまっている分、「どれだけ自分の中のイメージに近づけるか」というストイックさだと思う。「エリーゼのために」なんてそれこそ6歳の時から弾いてるけども、まだ自分の中にある「エリーゼのために」を再現できていないと思うし、私がピアノの曲で一番好きな「幻想即興曲」なんかも、いったい死ぬまでに満足して弾ける日が来るんだろうか、という気持ち満載だ。んで、これは何も私が素人だからというのではなく、プロのピアニストもみんな考えてること。たまに「これだ!!」と思う何かがあったにしてもその命はとても儚い。もっとキレイに弾けるんじゃないかと思う。そして弾くたびに音の意味に新しい発見があって、そこからイメージが膨らむのだ。

そしてジャズのよさは、なんといっても自由度。一つのメロディがあってコードがあって後は好きなように弾いていい。ジャズの楽譜はあくまでもサンプルであって、手が回らないならそれなりにごまかせるし、好みの音をプラスすることもできる。気分によって全然弾き方が変わって、(ぁぁこんなのもよいなぁ)と自分の中の何かを膨らませられるのがよい。

そして最近の傾向としてジャズ寄りの人にはクラシックのよさを、クラシック寄りの人にはジャズのよさを説いてる気がする。。w要は私はどっちも好きなので、その気持ちを共有したいと願う今日この頃。そういえば一人だけ、カンペキにジャズもクラシックも弾ける人がいたなぁと思い出す。もう4年近く会ってないな、そろそろ会いたいなぁと思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)