April 02, 2006

FF12の巻。

明日からは年次でいうとようやく2006年度。ちょっとした組織変更もあり、少しだけ気持ちも引き締まるw 実は先週ふと思い立って職務経歴書をまとめていた。今までに関わった部署でやった事を羅列していくうちになんだか少しじーんときてしまう。今週のドラゴン桜@モーニングにもあったけど、くじけそうになった時用に職務経歴書を書いておくのをお勧めしたい。やっぱり歳月重ねている分人は少しづつ成長している。折をみて「これまで」をまとめておくことで、きっと「これから」を過ごすちょっとした武器になるはずだ。

さてさてFF12。攻略サイト見ながら進める邪道の私だけども、ようはく中盤~終盤に差し掛かっているのではと思われるアルケイディス手前の遺跡で今日はマンドラゴラーズとやらを倒したw 最初に戦った時はこんなの勝てるか(怒)だったにも関わらずさすがにちょっとレベルをあげて防具やなんかを揃えるだけで大分変わるもんだなとしみぢみするwリアルの世界もこれくらい分かりやすければいいのになと苦笑するのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 25, 2005

要塞宝箱の巻。

ひそかに復活して続けているFF11の話ですが、ほぼ必須のアイテムを手に入れるために宝箱を開けるというイヤーンな作業があります。(アーティファクト装備という、ジョブ専用装備ゲッツのためですな)
宝箱を開けるには鍵を手に入れるほかに宝箱を探すという作業もある訳で、前使っていたキャラでも苦労したのがガルレージュ要塞というエリアの鍵入手+箱開け。鍵を入手するのに3時間かかった上に、箱を開けるためにそれはそれは膨大な時間を消費しました。この作業が苦痛なために引退していく人もいらっしゃるという、「ゲーム続けますか、それとも辞めますか」といわんばかりの作業な訳です。(大げさ?)
オフラインのゲームのように自分との戦いですむ訳でもなく、他のPCもその宝箱を狙ってるもんだから、ちょっとした判断の違いが勝負の分かれ目。

一箇所にずっと留まって宝箱が現れるのを待つか、それともあちこち見回るのか。
ライバルが多そうな時は時間をかえて再挑戦するのか、それとも奪い合う覚悟で挑むのか。
さあ、今週のご注文はDOTCH?!

ゲームしてない人には「時間の浪費」としか思えない選択に頭を悩ませながら、こういうのリアルの世界でもよくあるよなぁ、なんて思ってみたり。2つ選択肢があってどっちかに決めないといけない状況て実はものすごくあって、ミニマムな所でいえば間に合いそうで間に合わそうな電車に乗れる可能性に賭けて走ってみたり諦めてみたり、好きという気持ちを打ち明けた方がいいのか待ってみようかと諦めてみたり。

一番よくないのは選択できずにその場で悩み続け、諦める覚悟もないままに手遅れになってしまい、どっちつかずのまま時を無駄に重ねることだとか言い切ってみる。

ちなみに箱開けの結果。果敢にもライバルに対し「先にきてるぞゴルァ」オーラを出しつつこまめにあちこち見回ったおかげで、1時間経たないうちに宝箱をゲットすることができました!
人生においてもこうアグレッシブにいきたいもんだなぁと思う、もうすぐ28のワタクシなのでしたw

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 16, 2004

FF11 リターンズ・・・w

足を洗ったはずのFF11ワールドに再び足を踏み入れ約2ヶ月弱。

やっぱり楽しいww

別のサーバで1から始めているのと、さすがにもう2年近くやっているのもあり、前ほど必死な感じではやってない。
飲みにもいってるし、ゲーム欠乏症でイライラしたりもしていない。仕事のストレスがいい具合で発散されて、今はFF11さまさまな感じである。
仕事で書くのは早いんだけど、趣味の小説となるとものすごく筆がのろい訳で。ついこの間までは書く時間が取れなくてかなりイライラしていたように思う。今の仕事の仕方じゃ無理と悟ってから再びゲームを始めた訳なんだけど、こっちはすこぶる快調。レベルも低いからさくさくとあがる。もうすぐサポートジョブが取れるお年頃なので、なんかほんと新鮮である。。。w

本当は早く小説書きたいんだけどな。
来年の6月まではせいぜいゲームしてテンションあげておこうっと。。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

September 19, 2004

ゲーム三昧の巻。

昨日は半年振り?位にFF11をやりこむ。Lv66まで育てたキャラは放棄して、今の職場の人達がやっているサーバでLv1からスタートした。別に前までのサーバで一からやり直しても構わないはずなのに、敢えて鯖移動。
以前と全く違うスタイルでプレイするのには、そっちの方がいいという判断である。

「今までをリセット」したい事は人生色々とある訳で。その度に人は外国行ってみたり職場変えてみたり、ライトな所では携帯変えたり彼氏変えたりする訳だ。
「自分を変えよう」という時に生じる膨大なエネルギーは、真っ白なキャンパスの準備と下絵を描くために使われる事が多い。描きかけの絵をいじるよりも、最初からやり直した方が楽に見える、そんなケースがほとんどだからだ。ただ投げ出してきた絵を思い浮かべると、後味が悪い事もれっきとした事実。なかった事にするほど器用でもないし、再び手につけようとするにはあまりにも色あせている。

そんな事を思いながら計10時間位?ゲームしていた。2年前位にやった同じ作業を繰り返していくうちに、その頃ゲーム上で会った人や印象深い出来事が紙芝居のように思い出される。なんだ、リセットしたつもりでも結局は新しい紙にも以前の構図は脈々と継承される訳で、要はお釈迦様の手の平の孫悟空?w
生まれ変わったつもりでも、全ては人生という一本の線の上で飛んだり跳ねたりしているだけなんだろう。

そう思うと私は少しだけ楽になれる気がする。

| | Comments (2) | TrackBack (0)