June 07, 2006

品川トライベッカ&友達とランチの巻。

Untitled2
+amyの誕生日祝いということで、昨日は仲良しのTちゃんと一緒に品川トライベッカへ。レガッタ汐留のイタリアンとかなり迷ったのですがトライベッカで正解!トライベッカはjazzメイン生演奏のショーがあるラウンジ。割とマイナー?wな出演者だったので空いていたというラッキーはあるにせよ、雰囲気◎食事○音楽☆の素敵空間。初めてのデートで2軒目の店で使うといいんじゃなーい!と勝手に妄想してましたw 
ジャズの何がいいって音楽聴きながらお酒飲めるところに尽きる!特にトライベッカはサウンドの音量控えめなので、ショーの間もお喋りできる感じで本当に心地よかった。1stのショーの最後にはハッピーバースデーsongのサプライズがあり(こういうの久しぶりでかなり照れくさかった。。w)なんかほんとTちゃんに感謝って感じだった。Tちゃんの誕生日も素敵なお店を見つけてお祝いしてあげたいよなと心から思う。

そして今日は大学時代からの仲良しさんと会社のお昼休みを利用してランチ。昼間のオフィス街のど真ん中だというのに、いつものごとく会話が↓にいきがちなのはさておきw やっぱり長く付き合いがいると話が早い。笑っちゃうけどもう10年近くたまに飲んだり遊んだりしている訳で、会社への帰り道、妙にしみぢみした気持ちになる。「人生とは大いなる暇つぶし」という誰かの結構共感している言葉があり、どうせなら隙間を埋め尽くしたいってのが私の信条なんじゃないかと最近考えてた。ナイスなタイミングでそんなような話ができてよかったよなと思っている。

それにしてもついこの間までThe King OF 「不精」だった私が毎日化粧をして会社に行き、平日にも関わらずいろんな人と会ってアクティブに動いている様が自分毎ながら不思議でならない。。w 20代最後の悪あがき?w
どうせなら+amy史に残るような強烈な年にしたいなw

*写真はトライベッカのバースデープレート☆ Thank U so much!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2006

暗闇坂宮下&ブリヂストン美術館&ADHDの巻。

久しぶりの平日休みは東京駅で仙台から出てきた両親と待ち合わせ。
考えてみれば自分の親にご馳走したことがほとんどないので、奮発?して暗闇坂宮下へ。
予め予約していたら、一部屋しかない個室がリザーブされていた。殺風景な東京駅近辺+あいにくのお天気だったけど、親子3人でマターリするには悪くない。肝心のご飯はもはや○回目の宮下となる私は少々飽きてきた感じだったけども(最初行った時は感動したんだけどな;;)特に母親が美味しそうに食べてくれて本当によかった!

その後は八重洲のブリヂストン美術館に。何気に私は今回初めて。空いている+ちょうど1時間で観終わる程よい展示数でかなりご満悦。久しぶりにモディリアニの絵をみて、そして大好きなモネの絵をみてかなり幸せな気分になる。今回のヒットはピカソの彫刻「道化師」、前にステーションギャラリーでみたマリノ・マリーニの彫刻「騎手」、モネの「ベネチア、黄昏」(油彩)、コロー「ヴィル・ダブレー」。

しばらくみてなかったけど、絵画鑑賞は大好きなことを思い出した。。w まず遠くから見て絵のタイトルと作者を予想し、近くで見た油彩の一見雑なタッチと作品+作者名を拝見。もう一回距離を置いて観たくなる作品とそうでないものがあって、今日は比較的繰り返し見る絵が多かった。私の数百倍は絵が好きな父親は美術館の静寂を打ち破り続け、(ホォとかムーンとか奇声が多いw)それほどでもない母親は機械的に1枚1枚を丁寧に観てまわる。私は相変わらず人とよく接触してはこの間仲良しさん達にいわれた「人とぶつかっていちゃもんつけられる可能性」について考えた。。w

さてさてADHD=注意欠陥性障害という病名を「片付けられない女たち」という、数年前にベストセラーになった本で知った。道が覚えられなかったり整理下手だったり、出る症状が私の欠点とよく似ている、読んだ人からそんなことを言われ、実際に私も読んでみて「そかも?」と思っていた時期もあった。が、ふと思い出したので今日の午前中は色々ADHDに関して調べてみたんだけど、どうもしっくりこない。

確かに出ている症状は似ているんだけども、「色々な事に気を配ることができない」のではなく、「色々な事に気を配る気にならない」とでも言おうか。。w そして私にとって「気を配る気にならない」数多くの事柄が世の中では大事な事だったりしているんだと思う。たとえるなら土足で生活しているアメリカ人を日本人は奇異に思うし、また結婚式を教会で挙げ葬式を寺で済ます日本人をアメリカ人は不思議に思う。そんな感じで私はどうも「世の中」とズレてしまっているが故にアンバランスな人格(得意なことはすごく得意、苦手なことはとても苦手)が形成されているような。。w きっとその事で損してたり嫌な目にあったこともあるはずなのに、いざ思い出そうとしても何も浮かんでこないのがそれを如実に裏付けているようだw
安心したような少しがっかりしたようなそんな妙な気分で今日の日記はおしまい(゚д゚)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2005

暗闇坂宮下の巻。

ダンナ様のママ+パパがW誕生日なのでお食事に。本当は東京ステーションホテルのダイニングがよかったのですが、来年の2月末まで予約が一杯ww ということで丸ビルの暗闇坂宮下にご招待しました。ランチで4000円とちょっと値段は張るものの、やっぱり美味しい><料理の基本はダシなのだなぁとしみぢみ思う料理の数々でした。
その後は銀座に歩いて移動し、宝くじ売り場へ、、、が、西銀座チャンスセンター1番窓口の列は有楽町駅まで伸びており、購入するまで約3時間半という凄まじい有様。。どうでもいい窓口まで今日はいっぱいなようで、短い列でさえ20分かかるらしい。インスタントくじ以外のくじを買ったことがない私には未知の世界・・中には明らかに遠くから宝くじのためだけに上京してきたような人もいて、みんな行動力あるよなぁと感心することしきりなのだ。ダンナ様のママ+パパも結局今日は買わずに退散する。。w

私が銀座に行く=ゆうちゃんと会う、という方程式が成り立っていたもんだから、その後南青山に移動し、銀杏並木を見ながらも、やっぱりゆうちゃんと遊んでた頃のことをしみぢみ思い出さずにはいられなかった。ほんとあちこちに思い出を蹴散らかした人だよなぁと苦笑する。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

October 18, 2005

Cafe Dining Club Celeb の巻。

珍しく女の子と差しで飲み。どこ行こうかと散々迷った挙句、前から行ってみたかったこの店をチョイス。渋谷のど真ん中でプールがあるって??という所に興味深々だった訳ですが、結論をいうとこれは「プール」ではなく「池」ですな・・・水深15cmくらい?wただなんかお洒落スポットっぽい感じの店なのでデートにはよいかも。注意点としては、食べ物の種類が少ない割に結構高め。二軒目として使うのが無難だと思う。

印象的だったのは誕生日のカップルが3組いて、そのたびに「ハッピバースデー♪」な曲が流れたこと。彼氏が一生懸命考えてセッティングしたと思うと妙に心が暖まる。。。w ぐぐったのか友達に聞いたのは分からないけれども、そのひたむきな思いを勝手に応援し悦に浸っていた。
一番友達の話で「羨ましい」と心から思ったのは芸大で絵をやってる人と付き合っていた友達がもらったプレゼント。一冊のスケッチブックにその子の絵が一杯描いてあって、さすが芸大生、涙がちょちょぎれるほど上手かった。その絵からその子に対する気持ちのようなものをひしひしと感じ、心の底から「私もいつか・・・!!!」と思った記憶。ピアノを弾く男の子を好きだった時は、私だけのために一曲弾いてもらうのが好きだったし、要はベタを通り越して、一歩間違うと「(゚Д゚)ハァ?」の手前にいたく痺れる。

なんかそんなことを思いながらひたすらジントニックを飲んでいた。仕事の話をするつもりがやっぱり恋愛観みたいな話になり、ほんと私は恋愛ネタが好きなんだよなと苦笑した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2005

横濱カレーミュージアムの巻。

思いつきでカレーを食べに関内へ。
たかがカレー屋さんが集まっているだけなのにあの熱気はなんだw 札幌名物スープカレー+本格インドカレーなるものを食べたんだけど、なんかこう、目から鱗が出るような旨さではなく。それでも付き合い始めとか、なんかそんな微妙な時期に行くと楽しいかなと思ってみた。

中学生の頃、初めて彼氏なるモノと出歩いたけど、公園・動物園・遊園地ときてハテ次は。。と困った記憶がある。東京や横浜の中学生は気軽に遊びにいけるスポットがあっていいよなぁとか、そんなこと思いながら横浜を歩く。

| | Comments (0) | TrackBack (1)