« March 2006 | Main | May 2006 »

April 29, 2006

理想の女の巻

中津川少女殺人事件wを発端とした近頃の小中高生の下半身事情情報の氾濫。まあいつものごとく特殊な人達がクローズアップされてるにせよ「同級生に千円でやらせる」とか「付き合うとやらせるは別」とか、まあすごいことになっていることはよくわかったw

けど考えてみれば一昔前は男の人と遊んでいる行為自体が不純異性交遊で、今の私とかも一個前の世代からみると異端な訳だ。そう考えるとまあ大したことがないような気がしないでもない。

ただ私の「理想の女」像は安易に足を開いたりしない。今時の子からみたらもったいぶってと言われそうだけども、やっぱり友達と彼の境目てそこで引くのが一番自然。そして何が一番憧れるかというと、性的魅力を使わずに人を惹きつけられる人。やるやらないを抜きにして一緒に時間を過ごしたいと思われる人になりたいよなといつも思っている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2006

あたしも殺されてもおかしくないよなぁの巻。

中津川で女子中学生が殺されて、殺した相手は交際相手の高校生だったというニュース。殺された子の携帯blogを読んでいると、2ちゃんねら的にいうとやや「自業自得」の感が拭えない。。一方、「ぁぁあたしも殺されてもおかしくなかったよなぁ・・」と自分の過去を振り返ってぞっとする。。

私が中学生の頃。学校ではイイコぽかったが、裏の顔があった。某大手予備校に通っていた他中学生とつるむつるむ。。20時か21時に授業が終わって、その後「自習」という名目でゲーセンへ行く。。脱衣麻雀したり競馬のゲームしたり。。たまに飲んだ事もあったような。。夜中に家抜け出して花火とかしたなぁ、、真夜中の河原。。校庭。。廃屋。。殺された子の日記から推測される生活の中、中学生の私が手を出していなかったのは「タバコ」と「家出」だけのような。。

(((( ;゜Д゜)))

その後もよく襲われたりなんだり、まぁとにかく私の今までの人生で殺されてもおかしくないような事、少なくなかった。で、無事にこうやってぬくぬく家でカタカタPCうってる時点でほんと幸せなんだとしみぢみする。

んで、めちゃくちゃ説得力がないなりに敢えてモノを言うのであれば、やっぱり中学生の時は高校生とかじゃなくて、同じ学年かせいぜい年上でも中学生と遊んだ方がよい。中学生の前だと高校生は虚勢を張るという意味でおかしな事をしやすく、中学生も中学生で「子供っぽく見られたくない」と頑張りすぎる傾向があるように思う。線をひくならやっぱり/大学-高校/中学-小学生/で、この線を飛び越すとろくな事にならないというのは、ニュースをみていて、そして私の過去を振り返ってみて感じることなのだ。

そもそも中学生て不安定なのだ。全てのツキが自分にあるように感じる事も多々あり、そしてまだ中学生なのに「自分の人生、もう取り返しがつかない」なんてあせったりもする。一番オススメしたいのは「早く高校生になりたいっ」とヤキモキしながら生きること。化粧も男のコとイチャイチャするのもカラオケ行くのも夜遊びするのも高校生で全然充分。高校デビューだとバカにされるとか思うかも知れないけど、そこそこ勉強していい高校入ってから遊んだ方が遊べる範囲が変わってくるw 中学生に手を出す男はろくなもんじゃないよと私は声を大にして言いたい。

やや歪んだ価値観?かも知れないけど、やっぱり一緒に家に帰るだけでうれしかったり、手を繋いでドキドキしたり、キスしちゃったと夜眠れなくなったりできるのは中学生の醍醐味なんじゃないかと思う。その辺を急スピードですっ飛ばしてしまった私は、できることならもう一回中学生をやり直したいよなぁとたまに思ったりする。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

April 21, 2006

6月にアマンプリの巻。

思い立って予約したら取れちゃいました。6/15~アマンプリ(プーケット)3泊+オリエンタルホテル(バンコク)1泊の、今までで最大の贅沢三昧旅行。。。w

今回はSTワールドで取ったんですが、南の島にそこそこ安く行きたいならここは安くてよいです。モルディブ行った時もここでお願いしたんですが、isizeでみてもかなり安かった記憶。

さてさてここ1年というか2年というか、ほんとは派遣社員で気楽に働くはずだった私が精魂込めて働いた結果というとちょっとしみぢみしてしまいますが、大学卒業してもう6年近く?なんとか社会人ぽく生きてこれたのかなぁというメモリアル的な旅行になりゃいいかなと思ってます。
学生の頃なんて絶対にアマンはいけなかったし、バンコクに行った時もオリエンタルホテルはお茶するのがせいぜい。ランチはおろか泊まるなんて考えもしなかったもんなぁ。小さい頃に思い描いていた方向性とはやや違っていたけど、少なくとも今の時点での「私」てやつはそれなりに満足できる仕上がりになったかなと。35歳が人生のピークと決めてずっと生きてきたけど、昇りカーブは描けているんじゃないか、勝手に悦に浸る今日この頃なのですw

1年前に妹の結婚式でアメリカ/NYに行った以来の海外。リゾートだと、2003年のエルニド以来?そろそろ今までに行った国の旅行記とかをまとめていきたいこの頃です。
アマンプリ体験記は6月末にはアップできる予定なので、お待ちください★

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 09, 2006

ココログ絶不調により。。

しばらく更新とまっておりました^^;

Blogどなんでしょうねぇ、最初はトラックバックとかが結構新鮮で、また簡単にアフィリエイトくみこめるのもよいかなぁと思ってましたが・・

重い。

重い。

重い。

最近それが如実に現れているようで。。
ココログの前にNickyというCGI使って日記書いてたのですが、それに戻すか、自分でこんな感じでやるか迷い中。。せっかくだから自力でやってみようかなぁ、最近あんまりいぢってないし。。そんなキモチです。

以前法人のサーバ構築ぽい部署に関わってたことがあります、2年前くらい?
そのときから既に「ブロードバンド」なんて言葉が巷を賑わせてましたが、所詮まだまだナローバンドだと強く感じたのは、サーバ側の回線が全然ブロードバンドじゃなかったってこと。当時128Kbpsの専用線ひいてサーバたててる会社なんて一杯あったし、未だ商業用回線の値段が落ちてないのをみると、2年前と大して状況は変わってないんだろう。。

Webコンサルぽいことしている友達に聞いた。アクセス数には興味あれど、表示速度はクライアントがあまり興味をもたないらしく、担当者がその場で実感しないと大して問題にならないらしい。

そりゃ打ち合わせしているような時間ですら表示に問題があったら大事だわなw

ほんとはアクセス数よりもリピート率ちゃんととった方がいいと思うんだけどなぁ、特にeコマース系のサイトでは。。

結局ユーザ側の回線がどんなに早くなったって、サーバ側の状況が改善しないと何の意味もない。それにちゃんと気づいて対処している人って思っているよりずっと少ないように思う。無駄に価格競争してユーザ側の回線速度だけ価格破壊したツケなんじゃないだろか。サーバ側の劇的な状態改善がここしばらく見込めないのであれば、いっそのこと価格の見直しをして欲しい。。

128Kbpsもあればテキストサイトはとても快適。そういう人は1000円払う。
動画や大容量使いたい場合は10M/月に6000円。
もっと使いたい人 50M/月に10000円。
そして100Mの人は月に15000円。

これくらい帯域占有する量によって課金体制体系づけてくれると非常にインターネットの世界は快適になるように思う。。。w
あまりにもブロードバンドが安くなりすぎたおかげで、弊害が出てきたように感じるこの頃。友人やら何やらのBlog
も見てるけど、大手プロバイダ系はピークどこも劇重>< 早いうちに手を打たないと麻痺すると思うんだけど、私間違ってる??


| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 04, 2006

狼少女の巻。。w(BlogPet)

きのうは+amyはここへ他者は完成されたみたい…
それでも+amyと描写するつもりだった?


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「amy」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 02, 2006

FF12の巻。

明日からは年次でいうとようやく2006年度。ちょっとした組織変更もあり、少しだけ気持ちも引き締まるw 実は先週ふと思い立って職務経歴書をまとめていた。今までに関わった部署でやった事を羅列していくうちになんだか少しじーんときてしまう。今週のドラゴン桜@モーニングにもあったけど、くじけそうになった時用に職務経歴書を書いておくのをお勧めしたい。やっぱり歳月重ねている分人は少しづつ成長している。折をみて「これまで」をまとめておくことで、きっと「これから」を過ごすちょっとした武器になるはずだ。

さてさてFF12。攻略サイト見ながら進める邪道の私だけども、ようはく中盤~終盤に差し掛かっているのではと思われるアルケイディス手前の遺跡で今日はマンドラゴラーズとやらを倒したw 最初に戦った時はこんなの勝てるか(怒)だったにも関わらずさすがにちょっとレベルをあげて防具やなんかを揃えるだけで大分変わるもんだなとしみぢみするwリアルの世界もこれくらい分かりやすければいいのになと苦笑するのだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2006 | Main | May 2006 »