« 3月はぢめの巻。 | Main | 狼少女の巻。。w »

March 10, 2006

暗闇坂宮下&ブリヂストン美術館&ADHDの巻。

久しぶりの平日休みは東京駅で仙台から出てきた両親と待ち合わせ。
考えてみれば自分の親にご馳走したことがほとんどないので、奮発?して暗闇坂宮下へ。
予め予約していたら、一部屋しかない個室がリザーブされていた。殺風景な東京駅近辺+あいにくのお天気だったけど、親子3人でマターリするには悪くない。肝心のご飯はもはや○回目の宮下となる私は少々飽きてきた感じだったけども(最初行った時は感動したんだけどな;;)特に母親が美味しそうに食べてくれて本当によかった!

その後は八重洲のブリヂストン美術館に。何気に私は今回初めて。空いている+ちょうど1時間で観終わる程よい展示数でかなりご満悦。久しぶりにモディリアニの絵をみて、そして大好きなモネの絵をみてかなり幸せな気分になる。今回のヒットはピカソの彫刻「道化師」、前にステーションギャラリーでみたマリノ・マリーニの彫刻「騎手」、モネの「ベネチア、黄昏」(油彩)、コロー「ヴィル・ダブレー」。

しばらくみてなかったけど、絵画鑑賞は大好きなことを思い出した。。w まず遠くから見て絵のタイトルと作者を予想し、近くで見た油彩の一見雑なタッチと作品+作者名を拝見。もう一回距離を置いて観たくなる作品とそうでないものがあって、今日は比較的繰り返し見る絵が多かった。私の数百倍は絵が好きな父親は美術館の静寂を打ち破り続け、(ホォとかムーンとか奇声が多いw)それほどでもない母親は機械的に1枚1枚を丁寧に観てまわる。私は相変わらず人とよく接触してはこの間仲良しさん達にいわれた「人とぶつかっていちゃもんつけられる可能性」について考えた。。w

さてさてADHD=注意欠陥性障害という病名を「片付けられない女たち」という、数年前にベストセラーになった本で知った。道が覚えられなかったり整理下手だったり、出る症状が私の欠点とよく似ている、読んだ人からそんなことを言われ、実際に私も読んでみて「そかも?」と思っていた時期もあった。が、ふと思い出したので今日の午前中は色々ADHDに関して調べてみたんだけど、どうもしっくりこない。

確かに出ている症状は似ているんだけども、「色々な事に気を配ることができない」のではなく、「色々な事に気を配る気にならない」とでも言おうか。。w そして私にとって「気を配る気にならない」数多くの事柄が世の中では大事な事だったりしているんだと思う。たとえるなら土足で生活しているアメリカ人を日本人は奇異に思うし、また結婚式を教会で挙げ葬式を寺で済ます日本人をアメリカ人は不思議に思う。そんな感じで私はどうも「世の中」とズレてしまっているが故にアンバランスな人格(得意なことはすごく得意、苦手なことはとても苦手)が形成されているような。。w きっとその事で損してたり嫌な目にあったこともあるはずなのに、いざ思い出そうとしても何も浮かんでこないのがそれを如実に裏付けているようだw
安心したような少しがっかりしたようなそんな妙な気分で今日の日記はおしまい(゚д゚)

|

« 3月はぢめの巻。 | Main | 狼少女の巻。。w »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 暗闇坂宮下&ブリヂストン美術館&ADHDの巻。:

« 3月はぢめの巻。 | Main | 狼少女の巻。。w »