« January 2006 | Main | March 2006 »

February 26, 2006

継続は力なりの巻。

昨日は会社の子のピアノを聴きに。ショパンのバラードの1番が非常によい出来で、なんか感動する。そしてもう1個心に残ったのが、一緒に出ていた子が音大ではなく普通の大学を出ていたこと。ピアノが好きで好きでたまらなかった私だけども、イギリスに残れない=ロンドンの音大にいけないと決まった瞬間に全てを投げ出した記憶。ほんとはそれでも続けてれば結構今頃弾けてたはずなのになぁと思うとちょっと悔しい。だけどあの頃より大人になった私!は、今からでも大丈夫なことを知っている。このままピアノを弾きつづければ、そのうちバラードも死の舞踏も弾けるようになることが分かったので、ジャズと並行しながらクラシックも弾き続けたいなと思った。

さてクラシックピアノって、フィギュアスケートやバレエと似ていて、頭の中に思い描くイメージに自分を近づけていく作業。一回ミスると取り返しがきかないし、何よりカンペキにできるようになるまでの道のりが果てしなく遠い。ただその過程ってのに私はすごくやりがいを感じるタチ。いい刺激を受けたのでこれからもがんばる。。。!

そして今日。なんか歯車がズレまくりなのか、いろんな人にものすごく迷惑をかけた気が・・・w
けどここでも私は大人になるぞと。仕事のミスというかトラブルってのはいい仕事をして返すしかない。ちょっと前なら「ぁぁ私さえいなければ(ノД`)」となりがちだし今日もややそうなりかけたけども、仕事にしても何にしてもやっぱり、続ける=い続けることが一番大事で、い続ける限りどっかで必ず恩返しができるんだよなと自分に言い聞かせる。

あれだね、継続は力なり。とにかく今日の借りは一刻も早く返したい;;
ほんと関係者の方々、すみませんでした><

| | Comments (2) | TrackBack (0)

February 24, 2006

弛緩の巻。

9:00に起きて、荒川静香の演技をTVで堪能。その後再び惰眠を貪り、気がつくとすっかり陽は落ちている。部屋の掃除したり洗濯したりピアノ弾いたりしているうちにもう18:00。髪を切ったりフットエステにいったりやりたい事はそこそこあったはずなのに、結局何もしないまま、今日は終わっていく。。。w まぁけど、こんなにのんびり寝たの久しぶりだし、明日もあさってもお出かけするし、そして何よりダラダラ寝ることは私の一番のストレス解消。遊びに行くことも考えたけども体力温存。。w どうせ後数週間はきっと忙しいまま毎日は過ぎていく。

最近よく思い返すのが1999年の夏から冬にかけてのこと。とある会社の就職試験(落ちたけどw)で知り合った某大学の友達、そしていとこを介して知り合った某音大の子たち、また98年から続けていたバイトの友達(ここは今でもつづいている)、インターネット繋がりの友達×3、高校からの友達(一人は今は死んじゃったけど)×2、大学の友達、ライター友達、辞めた大学の友達と遊んでいた。当然範囲が広すぎるので、最大公約数的に交友関係は整理されていく。。w いとこを含む音大生集団+バイトで知り合った友達集団とは一緒に遊ぶことが多く、ネット友達+就職活動友達はいつの間にか集約され、その他の友達は時と場合によってその二大集団のどちらかに集約されていった。私の友達同士が仲良くなることもあったし、友達を介して知り合った人と個別に会うこともあった。あのあたりは約30名規模の不思議な+amyを介した交友関係があり、ほんと毎日新しい人に出会っていたような。。w ほぼ毎日飲んでいる上に予定のかけもちも多かった。その上2chのオフ会とかにもよく行っていた上にライターも細々とやっていたし大学にも行っていたんだと思うと、自分自身が脅威。。w 忙しさの質が違うけど、少なくとも今は毎日家で寝ている訳だしw なんだまだまだ平気じゃーんと自分に言い聞かせている・・?w

1999年にしても今にしても、ポイントは「弛緩できる時間を作ること」。今日みたいな1日は伸びきったパンツのゴムにならないために、絶対に必要な時間。ふっとこのままでいいのかと不安になったりもするけど、弛緩した時間を楽しめるうちはまだ「余裕がない」ではなく「充実している」のだと思う。

もうすぐ春になる。

小説もそろそろやんないとまだペースが戻るのに時間がかかるし、バレエもやりたい。一刻も早くプライベートな時間を充実させるには、やっぱり@1ヶ月で仕事を落ち着かせることが大事。3月末を2006年最初のGOALとするためにも、@1ヶ月がんばりますv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

極限の景色の巻。

ここ1週間追い詰められていたせいか、本格的にフラフラしている、今日、午前1時前。
ここまで追い詰められたのは実は1年半振りくらいで、いやいや懐かしいというかなんというかw

一昨年の6月頃、ほぼ毎日会社に出ていた上に、0時前に家に帰るのが珍しかった記憶。それに比べれば全然余裕のはずなのに、しばらく平和だったので体がなまっていたのかw とにかく何をするにも今は1クッションおいている気がする。「はて、今何しようとしてたのか」「はて、次には何をしようか」 など。

鬱であっても過労でもあっても、一番しんどい時って考えることすらできない。危ないのは「しんどい」の終わりが見えた直後で、突然脳が働き始めるせいか物事を極端に考えがち&いままでの疲れがどっと出る。久しぶりに2連休なのが微妙に怖い・・・w さすがに電車に飛び込むとかはないにしても、ちょっとロウにスイッチ入ることはあるんだろう。。

それでもやっぱり、なんかこう、「大変」て状況はそんなに悪くない。私がたぶん一番嫌なのは必要とされていないとしみぢみ感じる時で、「忙しい」ていうのはその対極にある状況のようにも思える。ちなみにこの「必要とされていない」という感覚は他人からどう思われるとかじゃなくって、あくまでも「自分が自分のことを認められるか」みたいな、若干オナニーみたいな部分が強い。ピアノ弾いていて楽しいのはたぶん究極にそれを突き詰めていて「キレイな音を弾いている=私って必要じゃん」みたいなところもあるんだと思う。

いずれにせよ、久しぶりに自分のほぼ限界までつっぱしって、なんかちょっと世の中が違って見える。地に足がついていないのか、視点が「横」ではなく上から見下ろす感じというかw ちょっとふわふわしたこの感覚、めったに味わえないせいもあるけど、少なくともこの瞬間は心地よい。上から見下ろした私はかなりオロオロしたり落ち込んだりイライラしたりしながらも、アホみたいに突っ走っている。そのあせりっぷりが上から見るとやや微笑ましい。。w

ぇぇ、ナルシストですけどねw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 21, 2006

たまには明るい話の巻。

たまには明るい?話でも。巨大なアメリカ人と結婚したうちの妹は今日からアフリカのセネガルにいる。旅行というにはためらわれる一ヶ月の滞在wマラリアや赤痢の予防注射を8本打ったらしく無事に戻って来ることをとにかく期待したい。

アフリカはずっと行ってみたいと願い続けているにも関わらずどういう訳か縁がない。モロッコには行く機会が会ったのだけども、治安の悪さ(男でも寝込みを襲われるw)話におじけづきパスしたのが悔やまれる。まあ二人でいつも行動していれば平気だったろうになあ。一人旅でタヒチに行き、事件に巻き込まれ散々な目にあっている以上、もしアフリカにいくとしたら同志を探すところから始まる。ヨーロッパならともかくアフリカw私は野生のフラミンゴがみたいだけなのでそれに納得してもらうのも難しいんだろうorz

もし興味があればぐぐってもらいたいくらい、野生のフラミンゴが一斉に空を飛びたつ様をテレビで見て私はいたく衝撃を受けた。鮮やかなピンクと深い空の色が混じりあって、それはもう幻想的な風景だった。

まあ仕事と私生活がややてんぱってはいるけども、基本的に自分の人生に満足してるし1999年と2001年そのものを味わえただけでも(本当に素敵な期間だった)もう満足といえば満足。ただ地味にピンポイントでやり残していることは一杯あるので、後はソレを少しづつコンプリートしていきたいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだなおらない。。の巻。(BlogPet)

皆さんを処理しなかったの風邪はたちが悪いです
皆さんも気をつけて;;
明日はピアノなんだけども、熱がぐんぐんあがり途中でギブアップ)(途中でギブアップ)(途中から椅子に座ってるのにめまいが終わらず結局早退して、1分でこなせる処理が終わらず結局早退して帰る
今年の風邪はたちが悪いです
皆さんを処理して帰る


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「amy」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 20, 2006

歴史は繰り返すの巻。

なんか数年前に頭を抱えていたような問題が仕事で再発していて頭が痛い。まああの時も何とかなったしと思ったりもするしまたかよぉという気持ちも若干ある。ただしばらくこういう精神的にきっつい問題は素通りしてきた感もイナメナイのでとりあえずは頑張るしかないなあで乗り切るしかない。

いわゆる管理職を長年やっていてつくづく思うのが、関連部署がそれぞれハッピーになるような施策てそんなになくて、基本は双方が少しづつ我慢して妥協できるレベルの探りあいということだ。片方の言い分を一方的に伝えるだけなら誰にでも出来るから、例え双方から恨まれたとしてもそこでぶれちゃいけないんだと思う。。

ということで、心のヨリドコロである上司がいない中、ちゃんと乗り切れるんだろうかw久しぶりにかなり一杯一杯で正直弱っているorz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 19, 2006

冬眠の巻。。

2月に風邪ひいたり色々あったせいか、あんまり調子がよくない最近。というか年明けてからずっとこんな調子なのかも。頑張りすぎなんじゃないかと仲良しさんに言われてそういえばそかもと思う。頑張ってるというか絶えずせこせこしてるのは、多分考えないようにしたいことがあるからに違いない。

敢えて口に出すなら、どうもこの後の人生ってヤツがちょっと怖い。基本的に女の人が非常に苦手で、昨日もとあるカフェで主婦の集団をみたけど、あの輪の中に入れる気がしない。てか入りたくない。。子供を産むとかそういうことに、数年前はまだ前向きだった気がするけど、「お母さん達の輪」てのがその後に待ってるのかと思うと考えただけで憂鬱。しかも子育てのために数年間家がデフォルトかと思うとそれもブルゥ。

要はできれば一生このまんま生きていきたいと思うのに、そうも言ってられなくなるんだろうなぁという真綿で絞められるような妙な恐怖感が2006につまっている。。仲のいい友達は割とみな独身だし、友達で子持ちがいる訳じゃない。いとこも子供産んだの36とかだし、そもそもうちの母親が結婚したのも29だしなぁ。まだまだ全然このままで行ける!とも思うんだけど、どうも気分が落ち着かない。

働きながら子供育ててる人もたくさんいると思うんだけど、「仕事」と「育児」と「家庭」て自分の時間が取れないよなと思う。それをガマンできるかどうかの勝負かもしれないけど私は無理ww 「仕事」と「家庭」と「自分の時間」でさえ、いつもどっかが犠牲になってる感が漂っている。今が私の精一杯で、これ以上何かをやろうとすると1日が24時間じゃ絶対に足りない;;かといっていまあるどれも捨てる気にはならないし、捨てたところでまた欲しくなるのが目に見えていて、なんていうかもう手詰まりなのである。。

一番いいのはこのままのんべんくらりと生きていくことなんだけども、今年は乗り切れたとしても来年・再来年はと考えると微妙。先のことばかり考えて生きてきたので、こんなに考えたくないのは生まれて初めてのこと。「一生子供は産みましぇんお仕事ガンバリマス(゚ー゚*) 」とか今さら言い出せば楽になるのかなぁ。。

高めだけどいいアロマテラピーのお店を発掘したり「真珠の首飾りの少女」というスカーレット・ヨハンソンの映画が面白かったりX-Gameのスノボみて感動したり明治屋で材料を調達して贅をつくしたパスタ作ったりFF12をどこで予約するか迷っていたりジャズピアノも進化中でウキウキしたり、ミクロ的なところではめちゃくちゃ充実してるんだけどもねぇ。

まぁそんな感じで少しお悩みモードな+amyなのでした。ちょっと冬眠しようかと思いつつも、書くと少しすっきりするから、これは無理にでも続けた方がいいんだろうなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 15, 2006

慣れるより習え?の巻w

ひとりでコツコツやっていた頃より、わずか30分(といってもいつも1時間くらいみてもらってるが)のレッスンに週一回通うだけで、飛躍的にマシになったと感じる今日この頃。なんの話かというとジャズピアノなのですがw
もちろんipodでずっとジャズきいていたり、去年の10月くらいから地道にやってる成果が花開いたのもあると思うのだけども、一般的なコード進行というのがすんなり頭に入り、また「F」がC-E-F-AだったりA-C-E-Fだったりするのも違和感なく受け入れられるようになってきた。今日はAmazingGraceのコード譜みながらアドリブっぽいことができたり、(んお?いつの間に?!)と心底びっくり。教えてくれているセンセイに感謝の気持ちで一杯になる。。w

もともと人に何かを習うのは苦手だと思っていたけど、少なくともジャズピアノに関していえばもっと早く習いにいけばよかったなというのが率直な感想。もちろん独学したから今が楽なのも当然あるとしても、やっぱりいくら本を読んでもCDを聞いてもピンとこなかったことが、センセイの一言やさらっと弾いたフレーズで一瞬で納得がいったりする。よっぽどの天才でもない限り、慣れるより習えだよなぁと28にしてしみぢみする。

そういや私が仕事がそこそこできるようになったのも、今の上司のやり方に学んだことが大きい。オリジナルな道を切り開いていく事に憧れる気持ちもあるけど、まずはどんな部署でもブイブイ管理できるようにもっと自分自身のスキルをあげたいなと考えた。

さてw最近中身がない日記が続いているので、今週1日はマジメに書こうと思います。ゴメンナサイ(゚ー゚*)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 14, 2006

天皇制の巻(BlogPet)

きょうamyが先とか象徴するはずだったの。
そしてここへ優先したいなぁ。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「amy」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 12, 2006

「3P」を読むの巻。

SPA!の叶恭子へのインタビュー記事を読んで今さらファンになり、最近でたばかり?の「3P」を買ってみた。言葉使いや構成が微妙ではあるんだけども、ぶっ飛び感がたまらず、ますます叶恭子という人の虜になりそう。。w

私はあまり男の人の財力や権力といったものに魅力を感じないので、そのあたりでは「ふーん」という感じなんだけども、付き合う前に「私はあなたからお金がなくなったらキライになりますし、他の男の人とも機会があれば一夜を共にしますがそれでもいいですか?(゚ー゚*) 」と確認した上で関係が始まるというクダリに心が痺れる。心に思っていることをそのまま口に出せるというのは稀有な才能で、私もできればいつもそうやって生きていたいのに。。と心から思ったりする。

昔から本音と建前ってやつが苦手だ。といいながらも、結局私は叶恭子ほどに素直な訳ではなくて、しかも年々「本音」と「建前」が乖離する場面が増えているようなw 別に正直でいる事が常に正しい訳じゃないとはおもうけど、少なくとも「どう生きたいか」といわれれば「思ったことは全て口にしたい」としかいいようがない。叶恭子のように生きるには多分常に胸を張って生きてナンボの「自信」てやつが必要。私もかなり態度だけはでかい方だと思うけども、あそこまであけっぴろげで生きるには、まだまだ道は険しいw

「見た目」に対するこだわりというか憧れはなく、あの「みなぎる自信」に引き寄せられてるんだけども、叶恭子の自信の源は美しさ(まぁ普通の男の人からみるとかなり微妙なビジュアルだと思うけど・・)とセックス(ものすごい技があるらしいw)なのかなぁと思う。どっちについてもそれほど興味はないから、何を根拠に堂々と生きていこうかと久々に深く考え込んだ。。w

・・・。
・・・。

ネット探偵?w
2ch?w

しょ・しょぼい。。w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 09, 2006

逆RPGの巻。。w

大好きな切込隊長さんのエントリをみたら、おもしろい記事が。。w

http://column.chbox.jp/home/kiri/archives/blog/main/2006/02/09_075045.html

記事のリンク先のサイト、ほんと即効ブックマークにいれました。
すてきです、そんな生き方LOVEなのです・・w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 08, 2006

天皇制の巻

紀子さまが妊娠したことで大フィーバーな感じになってますが、話がようやく「何のための天皇制か」になりそうになったところで、これなもんだから、また逆戻りした気がしてならない。。

「国家の象徴」としての役割を担うために必要で、それを維持するために神武天皇のDNAとやらを受け継ぐことが不可欠なのであれば、それを第一優先に考えるべきなので、今の皇室典範のあり方そのものをまず考えるべき。女系天皇を認めるか女性天皇を認めるかとかそういうちっちゃい次元の話ではないはずだ。お世継ぎがいない状態であれば天皇の行動は不測の事態について制限されるべきだし、結婚相手だって今みたいな選び方じゃ破綻する。

そして「男系の歴史が途絶えると伝統が」ていうけども、廃れるとどんなデメリットがあるのかちゃんと考えたのかと小一時間問い詰めたい。既に途絶えているスペインやイギリスの王室を見て、どんなメリット/デメリットが発生したか、整理された議論をみたことがない。(たとえばイギリス王室なんかをみると、現在女王/王になる可能性のある人がそのせいで200人近くリストアップされているので、経費がかかるのは誰の目にも明らか。その分、血筋はどうであれ歴史そのものは途切れることはほぼない)

だいたいこんなに役者がそろってから決めることじゃないというのが率直な感想。少なくとも雅子さまが結婚された際に、DNAがどうとか妾腹がどうとかという話が10数年後持ち上がるというのは、少なくとも私は予想していなかった。

同じ女性として、今の状態というのがあまりにもかわいそうで、本当に切ないというか自分の身に似たようなことが降りかかったらどうしようかという恐怖にも駆られる。。ちっちゃい次元の話でいえば、「生まれた子供は絶対に医者にしなくてはいけない家」に嫁いでそのつもりで育てていたのに、やれ「やっぱり医者にしなくてもいいかも」とか「医者にするべきだ」とか「この子は医者にはできないから、代わりにもう一人お嫁さんをもらってこい」だの言われる訳ですよ?先に決めてから言え(怒)な訳じゃないですか。。

戸籍もないし、私の常識とは違う範囲での話なのは承知だけども(もはや雅子さまも愛子さまも日本「国民」ではないし)少なくとも今まで「国民」として生きてきた人にはあまりにもつらすぎる人生だと思う。

がんばれ、雅子さま><

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 07, 2006

体が固い件の巻w

ようやく書こうと思っていた記事を。。。w

ここ1週間アホみたいに具合が悪く余計痛感したんだけども、基本的に「定期的な運動」てやつを、ここ12年したことがないw たまに思いついたようにスポーツクラブに加入してみたり(2回しかいかなかった・・)ラテンダンスを習ってみたり(3ヶ月しか続きませんでした・・)走ってみたり(20分とかw)一応取り組む姿勢だけはあるんだけども、全くといって差し支えないほど続かないorz

それでもなんとかそこそこ丈夫に生きてこれたのは、中学校時代の陸上部の遺産てヤツである。中学校3年間だけは毎日10kmは走っていたので、健やかな肉体ってヤツがそこで強固に培われた・・・!が、ザンネンながら貯金は尽きたどころかいつのまにか借金生活に突入したっぽいので、そろそろほんとなんかやんないと、体調のせいで不愉快になりそうで、実は結構危機感を持って、今、生きているように思う。。

何がやばいかというと、ちょっと運動するだけでシモヤケになる私の筋肉。。恥ずかしい話ですが、普段全く使っていない筋肉を動かすと、私の場合筋肉痛になる以前にしもやけになるのですorz 冷え性なので、急に暖まるとしもやけになる、はい、ヤバイですw

更に、屈伸をしても、手が床につかない。。今は毎日やっているので、大分まともになりましたが、つい2週間前までは、傾斜の深いお辞儀をするにも支障をきたしていたような。。巨乳計画が中断していたのも頑張ったら垂れ気味になってる感がしたのがでかく、体型を保つためにもほんと重要です、しもやけにならない筋肉、お辞儀がキレイにできる体の柔軟さ。

という事で何かをやろうと、数年振りに「ケイコとマナブ」なる習い事雑誌byリクルートを購入v やっぱりダンス系にひかれるんだけど、ラテンをやった時に他人(パートナー)と組んで何かをやることが非常に苦手なことが判明したので、まずは「形」を作ることから入るバレエっぽいのがいいんじゃないかと妄想中。ただこの体の固さだと、ギャグでしかないので、密かに毎日柔軟体操をしてから寝るようにしている。

といっても風邪ひいて寝込んでた間に、始めた頃の固さに逆戻りしているようで。。。w
道は険しい上に、なんですか、私の最近の趣味ってピアノとインターネット?w座って体を動かさずにできる作業に没頭する時間に至福を見出しながら、更に体も柔らかくしたいってのは志が高すぎるのかと思いながら、かといってここで投げ出すとそのうち歩けなくなりそうで本気で怖い。。w

リアルで会う機会のある方、プレッシャーかけてくださいね、プレッシャー・・・!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

まだなおらない。。の巻。(BlogPet)

+amyは
(別に誰かに貢いでもらったりとか今は全然ないんだけどもw)この感覚というのはここ1年くらいのことで、もうすぐ29でも変わるもんだなぁと言うのが素朴なむり。
っていってたの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「amy」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 05, 2006

まだなおらない。。の巻。

会社に3日振りにいったものの、熱がぐんぐんあがり途中でギブアップ><
途中から椅子に座ってるのにめまいがして、1分でこなせる処理が終わらず結局早退して帰る。

今年の風邪はたちが悪いです。皆さんも気をつけて;;
明日はピアノなんだけども、さすがに会社に迷惑かけすぎなので、素直にお休みしてとっとと寝ることに。
今週はほんと休めないので頑張ります。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 04, 2006

ミュージカル+ジャズ年の巻?

朝、病み上がりなりに早起きして、「クレイジー・フォー・ユー」@四季を予約。この他にもクレジットカードの優待予約で「ウェストサイドストーリー」も予約済。今まで全く観にいってなかったのに、とりあえず今年は既に2つ観ている訳で、この日記をずっと読んでいる人なら分かると思うけど、いつものごとく極端なのだw

今はまだ寒いから調べてもないけど、あったかくなったらジャズを聞きにいきたいとも切に思う。東京近辺に引っ越して早10年経つ訳だけど、ようやく東京近辺ならでの娯楽を探求しているようで、ちょっと照れくさい気もする。

仙台に住んでいる時もそれなりに楽しかったけど、劇や音楽を見よう・聞きに行こうと思いついても、ハシゴするほど演目がないというのが実情だった。そういう意味で東京は本当に恵まれていて、ただ恵まれすぎていて有り難味がないのも実情かも知れないw

初めて観たミュージカルが「夢から醒めた夢」だった私は熱狂的にあのお芝居のファンになったんだけども、観終わった時の感想が「もう二度と観れないかもしれない」という悲しい予感だった。仙台までわざわざ二度も三度も来るようなお芝居って知らなかったし、そもそも繰り返し上演される類のものだとも思えなかったからだ。それが「夢から醒めた夢」が再び仙台で上演されるとTVのCMで知った時の、体の底から沸きあがるような「嬉しい」という感情は、世間体に疎い上に仙台に住んでいたからこそ味わえたんだよなぁ。

便利すぎると有り難味がなくなるし、かといって仙台くらい不便すぎるとそもそも観たいと思った時に観れないし、結局何が言いたいのか分からないまま今日の日記はおしまいw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

February 01, 2006

風邪ひきました。。の巻orz

駄目ですね、今日は。。

寝ますzzz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

もう・・・の巻

せっかくいい気分でピアノ弾いて寝ようとおもったのに、また某所でなんかかきこみがあったのね。。
いい加減ほっといてほしいと思う私はWWWに日記とか晒している関係上ワガママなんでしょうか。。w

「想像を絶する体の硬さの巻」というエントリを書こうとしていましたが明日に持ち越し。

んーもうーまぁウキーーー(怒)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« January 2006 | Main | March 2006 »