« ジャズスポット襲撃失敗の巻w | Main | 初めてのLessonの巻。 »

January 15, 2006

寺井尚子の巻。

ジャズバイオリンなるものに興味を持ち、TSUTAYAで寺井尚子を借りて見る。恐る恐る聞くけど、一言でいうとピアノ以上にごまかしのきかないシビアなもんだった。。w

バイオリン、やっぱりなんだかんだいって難しい楽器だと思う。キレイな音を出すのが難しく、更に音程をきっちり出すのが難しい。ピアノのようにコードがない分、ジャズっぽく弾きやすいかと思ったけど、さすが10年のブランク。。まず音がまともに弾けないwダンナ様曰く「ピアノの方が上手い」ということで、やっぱり取り戻すのに最低3ヶ月はかかるんだろう。バイオリンのよくないところは音がでかい上に音程が不安定で弾いている本人が聞くに堪えないこと。。wその点叩いたらそのとおりの音が出るピアノの方がはるかにとっつきいやすいと思う。

4歳から18歳過ぎまで毎日30分は強制的に練習させられてたんだけども、よく私の家族はあれに耐えたよなぁと今日弾いていて思った。弾ける曲はそこそこ弾けるんだけど、初めて弾く曲がやばいのよねぇ。。後半から自分でもうんざりしてきてそそくさとケースにしまう。ほんと弾ける時は弾くことに興味がそれほどなかったのに、いざ弾けなくなった後に猛烈に弾きたくなるのはなんでなんだろうw
人生てそういうことの繰り返しなのかなぁと思いつつ、少なくともこれからはそういうことがないように、一見無駄だったり無意味に思えることでも細々ととりあえず続ける習慣ができたらなと思う。

まずは化粧・・・?w

|

« ジャズスポット襲撃失敗の巻w | Main | 初めてのLessonの巻。 »

Comments

>>もじょさん
へぇぇ聞いたことないやぁ。
もともと「チャルダッシュ」とか、ジャズというかラテン系の音楽とバイオリンて相性いいんだよねぇ。バイオリンのクラシックって近寄りがたいお嬢様のイメージなんだけども、ラテン系の曲弾くと一気に妖艶になるように思う。そういう女の人、いいよね。昼は淑女で夜は娼婦みたいなw
もし興味あったらメールかなんかで送るので言ってね~。寺井向子はよくCMとかでかかってる感じだよん★

Posted by: +amy | January 16, 2006 11:59 PM

ジプシーでフランス国籍のジャズギタリストでジャンゴ・ラインハルトという人がいたんだけど、ジャンゴのバンドでバイオリンを弾いていたスティファーヌ・グラッペリって人を思い出した。
というか、ジャズバイオリンはこの人しか知らなかったりする。
CDを持ってるから今から聴いてみまっす。。。

Posted by: MJ | January 16, 2006 11:12 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 寺井尚子の巻。:

« ジャズスポット襲撃失敗の巻w | Main | 初めてのLessonの巻。 »