« 【究極】神のコピペのガイドライン【至高】 part8 の巻。 | Main | ipod nano歴2週間目の巻 »

November 08, 2005

ラリホーの巻。

昨日は某都内の妖しげなスポットで汗を流す。。。☆岩盤浴というもので、要はサウナの低温版。入って1分くらいでもう汗がダラダラ噴き出す。つくづく何においても私は安上がりだなと苦笑する。。w

そのせいなのか仙台1泊2日のせいなのかわからないけど、今日の午後はとてつもない睡魔に襲われて仕事にならなかった。。w 今の部署、というかグループに移ってきてからは仕事中に眠くなることなんかほとんどなく、しかもせいぜい気分転換に煙草でも吸えばおめめパチーリだったにも関わらず。飲み物飲んでも駄目、トイレに行っても駄目、煙草を吸っても駄目な悲惨なコンディション。しかも席を立って戻ったら、普通はせめて5分は目が冴えているはずなのに、今日に限ってはディスプレイ見つめた瞬間睡魔に襲われる(((( ;゜Д゜)))
必死で週間レポートをなんとかいつもの倍の時間をかけて終わらせ、微妙に早退するような時間におうちに帰る。。そして今からようやく横になって至福の睡眠を貪りますv

そんなラリホー+メダパニみたいな状態で読んだ「kiss」(少女漫画?雑誌ね)の「君はペット」というもう3年近く続いていた連載マンガが今出ている号で最終回だった。婚約者がいるんだけどもモモというペット(人間だけどなw)を飼っている女の人の話で、結局婚約者とは別れて元ペットと結婚するという終わり方。ただ婚約者と別れたキッカケが相手もペット(人間だけどなw)を飼っていたことが発覚!!というオチなので、そこのところが少し気に入らない。たとえフタマタかけていたとしても、片方に振られたからもう片方にいくとか、なんというかそういう保険的な恋愛は私のポリシィじゃない。

ただペットくんはずっと健気にその飼ってくれている女の人のことが好きだった、という伏線もあってその中で「(ずっとペット扱いされていたのにある時とても頼りにされて)切ない望みに火がついた」という台詞があった。なんとも切ない気持ちになった記憶があるので、まあマンガとはいえ、ハッピーな終わり方をしてくれてよかったなぁと。

それでも最近思うのは。昔はそういう気持ちにさせる女の人に憧れていたし、好きになった人には誰にでもそういう気持ちをもってもらいたいと思っていたけど、今は違うなと。今はやっぱり誰よりも安心感を与える人になりたい。一緒にいてドキドキする人じゃなくて、安心する人。ハラハラさせる人じゃなくてくつろげる人。そう考えると10代の終わりから25くらいまでの間私が理想だと思っていた人物像はむしろ「微妙」な人へと格下げされていて、やっぱり人の考えっていろいろ変わるよなぁと苦笑。。。w ただ昔から変わらないのは愛情ってのは与えてナンボだということ。そこだけはこのまま一生変わらないんだよなぁ、そう思う。

|

« 【究極】神のコピペのガイドライン【至高】 part8 の巻。 | Main | ipod nano歴2週間目の巻 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ラリホーの巻。:

« 【究極】神のコピペのガイドライン【至高】 part8 の巻。 | Main | ipod nano歴2週間目の巻 »