« グリーン(´Д`*)の巻。 | Main | HPi-7-LCの巻。 »

November 12, 2005

人はみなどっか不完全の巻。

週刊文春を読んでいたら、噂の母親を毒殺しようとした女子高生の話が載っていた。「こういう子供を産み出す社会」みたいな相変わらずの論調だけれども、いやそれは違うだろうと突っ込みたくて突っ込みたくてしょうがない。ああいう人、昔からいるし要は行動に移すか移さないかの差でしかない。社会の共通認識が道徳的になっているからはみだすのが目立つだけで、結局人間なんて太古から変わっていない。たかだか50年前は戦争にエッチできる女の人連れていくのなんて常識だし、イラクでアメリカ兵が現地の人をレイプとか、かつてそうじゃない戦争があったのかと小一時間問い詰めたい訳で。100年遡れば「食わせられない」という理由で生まれた子供を殺したり売り飛ばしたりやりたい放題。サッカーの起源だって、ゲルマン人が生首蹴っ飛ばしていたのがそもそもの成り立ちだ。要は人間てもともとすごく残虐的で、どうしようもない生き物だと思う。

いや、彼女が狂っているのは事実だけれども、どこかしら人ってみなおかしいところを持っていると思う。極度のロリコンの人なんて一杯知ってるし、二次元キャラにしか萌えない人も何人か知ってる。刃物に異常な興味を持っている知り合いもいるし、楽かつ死後キレイな自殺の仕方について10何年も研究していたのが私が一番尊敬かつ信頼していた友達だった。

結局みんなどこかしらに狂気をもっていて、後はそれをセーブできるかできないか。セーブするためにはそのための「ナニカ」が必要で、親が子供に遠慮していたり、社会の性質が他人に無関心だったり、教育の現場にいる人は昔より制約があったりで、タガが外れやすいのは事実だとしても、それをここ何年かの社会にしたり人のせいにするのは安易で意味がない行為だよなぁと思う。音楽や小説、映画や友達といった広くも狭い意味でも「他者」が存在する意義ってのは、自分をよりよい方向に持っていくためのアイディアだと信じてやまない私は、どうも一般的に批判口調な人のモノの考え方ってのにイライラするってことが多い。とはいっても自分がそれをできているかというと別問題・・・w

今日もクライアントとの大きめの会議で「お前らのここが悪い」と一方的に攻められてものすごくイライラ。というかまだむかついていたりする。だけどむかついているだけじゃ何もかわらないので、結局自分に言い聞かせるしかない。せめて私は、「なんでここが悪いのか、を一緒に考えることだけは忘れないようにしよう」「たとえ偉い立場からモノを言う機会があったとしても、相手の気持ちを汲み取りながら物事を言うようにしよう」「背景にどんな問題があるかを常に考えて現場の役にたつことをしよう」とか思っていた。。が。

ちょっと冷静になった今思うと、じゃあ「なんでクライアントがそう確信するに到ったか」の視点が欠けているし、「その問題に対して自分がいかにすべきだったのか」について怒りのあまりすっ飛ばしていた。先にいった「他者」を自分のために生かすという概念そのものが、どうもいざ当事者になってしまうと見えなくなってしまう。

ソクラテスは「無知の知」と言っている。要は自分の駄目なところを自覚している人が一番賢いってこと。
少なくとも自己嫌悪があるうちは「無知の知♪」と自分を盛り立てていくしかないよなぁ。まあ今週は平和だった割に今日の今日に限っておかしかったので、来週は少なくともそんなんじゃないよに頑張らないとなぁと思う。自分自身がハッピーで前向きじゃない限り、週間文春をおちょくる権利はないかと思うと、ちょっと俄然やる気が出た・・?ような。。。w

|

« グリーン(´Д`*)の巻。 | Main | HPi-7-LCの巻。 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人はみなどっか不完全の巻。:

« グリーン(´Д`*)の巻。 | Main | HPi-7-LCの巻。 »