« October 2005 | Main | December 2005 »

November 30, 2005

有意義な一日の巻。

今日は1週間前からブルゥになるくらい予定がびっしり詰まっている日だった。こなした瞬間の達成感といったらそりゃもう心地よく、なんか一気にご機嫌が回復してしまうくらい。

更に昔人として大好きだったピアノを弾く男の子がメジャーデビューもどきをしたと聞き、非常に心が温まる。めちゃくちゃいいピアノを弾くものの、異様に本番に弱いという弱点のある人だったのだ。いい仲間に恵まれたようでほんと自分のことのように嬉しい。最近であった歌うたいと同じ会社のピアニスト、私のピアニストのいとこ、そしてそのだいだいくんと飲み会をしようと思い立ち、考えただけでなんか楽しくなる。

知らない人同士を会わせる飲み会が趣味の私にとって、なんか久しぶりに大イベントだぞ??
みんなでいっぱい音楽の話ができるとよいなぁ。クラシックだけどもw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

達成感+楽しみなことの巻。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 29, 2005

今日の失態の巻。。orz

1.上司相手に素ギレ。もっと冷静に話す術を身につけたいよなぁと痛切に思う・・
2.見ている部署の責任者から怒られ、内心素ギレ。が、前の教訓を生かしとりあえず穏便にことをすます・・が、
  イライラが家に帰っても収まらない。。
3.仲良しさんがイライラ。が、私もかなりイライラしていたのでお互い無言。気まずい帰り道。。
4.電車を乗り過ごし、振り向けばヨコハマorz 意味なく家に帰るのが30分遅れる。。
5.上原ひろみのチケットは3連続で競り負ける。。。
6、Blogを見るとエロトラバが8。。。ゴルァ


まーこういう日もあるんだよなぁ、その分明日はいい一日になるはずだ~と言い聞かせ、やっぱりピアノを弾いて寝ることにします。なんかほんと今は最高の気分転換。イギリスにいた頃、毎日3時間~5時間練習し続けた記憶が蘇る。あんときもほんとピアノが支えだったよなぁ、人生てやっぱり螺旋階段を昇っていくようなものなのねw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2005

暗闇坂宮下の巻。

ダンナ様のママ+パパがW誕生日なのでお食事に。本当は東京ステーションホテルのダイニングがよかったのですが、来年の2月末まで予約が一杯ww ということで丸ビルの暗闇坂宮下にご招待しました。ランチで4000円とちょっと値段は張るものの、やっぱり美味しい><料理の基本はダシなのだなぁとしみぢみ思う料理の数々でした。
その後は銀座に歩いて移動し、宝くじ売り場へ、、、が、西銀座チャンスセンター1番窓口の列は有楽町駅まで伸びており、購入するまで約3時間半という凄まじい有様。。どうでもいい窓口まで今日はいっぱいなようで、短い列でさえ20分かかるらしい。インスタントくじ以外のくじを買ったことがない私には未知の世界・・中には明らかに遠くから宝くじのためだけに上京してきたような人もいて、みんな行動力あるよなぁと感心することしきりなのだ。ダンナ様のママ+パパも結局今日は買わずに退散する。。w

私が銀座に行く=ゆうちゃんと会う、という方程式が成り立っていたもんだから、その後南青山に移動し、銀杏並木を見ながらも、やっぱりゆうちゃんと遊んでた頃のことをしみぢみ思い出さずにはいられなかった。ほんとあちこちに思い出を蹴散らかした人だよなぁと苦笑する。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

やってしまったorzの巻。(BlogPet)

今日amyたちが、広い振りや、トボトボ返しにいきましたとさ
今日久しぶりに思い出しましたとさ
練習しすぎて気がつくり買い物しなかったので、今日はtake5をループ再生
コード進行の練習
練習しすぎて気がつくり買い物カゴをぶらさげたまま、商店街を50m近く突進
orz万引きじゃないの、お金払ったし
と、+amyが言ってたよ♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「amy」が書きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 26, 2005

スカボローフェアの巻。

今日は髪きったり整体に行ったりのほか、TSUTAYAでジャズのCDを大量レンタル☆

・オスカー・ピーターソン×1
・セロニアス・モンク×1
・国府弘子×2
・キャノンボール×1
・ビル・エヴァンス×1
・上原ひろみ×1

中でも国府弘子のスカボローフェアにはまる。というか、ぁぁこういう風に弾くとジャズ風なのねぇと妙に納得がいく。。wまだ華やかなのは手がおっつかないのとジャズっぽいブルースケールが染み込んでないから楽譜みてしか弾けないけども、こういう地味な感じだったらいける。。。w絶対にいける。。wということで今日はこれからピアノ三昧の予定・・!

それにしてもTSUTAYAにあるだけでもたくさんのジャズのCDがある。これ、一生かかっても半分くらいしか聞けないんだなぁと思うと、私はなんか嬉しい。図書館に行った時にもよく感じることなんだけど、音楽にしろ本にしろ、後100年くらいあっても制覇できないことが一杯ある。少なくとも今の私は絶対に生きてることに飽きないんだなぁと実感できる。どうも私の周りには生と死の境目あたりをよくブラブラしている人が多く、時々自分もいつか・・と不安になるんだけども、少なくとも今はまったく大丈夫のようですv
大変大変お騒がせいたしました(`・ω・´)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 23, 2005

目から鱗の巻。

バイオリンを14年、ピアノを12年習っていた。あわせてイギリスにいってた時音楽コースを取ってたのもあり、いっぱしに音楽についてはかなり詳しい方だという自負があった。。。

が、私がやってたのはクラシック。そしてジャズやポップスといったジャンルは同じ「音楽」と言えど、どうやらかなり別物のことが発覚。。wアドリブってプロのみできる技だと思っていたら、世の中でバンド組んでいる人達は普通にコード見てアドリブっぽいことしてるのねw バンドの練習をクラシックのオケストラの練習と同じようなもんだと思っていた私はバンドやってる人が「練習休めないんです;;」という台詞を口にするたびに、「家でその分練習すればいいじゃん!(怒)」と素で考えていた。。wライブに2daysとか続けていく人は「ミュージシャンが好きだから」だと思っていたけど、日によってアレンジが違う(即興性が強いし)ので2日行きたいのね。。wよくバンドのメンバーが脱退する時の理由に挙げる「音楽性の違い」は「メンバーと仲悪い」の言い回しだと思っていたけど、そりゃ気が合わなかったらつらいよね。。w

なんかこの年になっても勘違いしていることがあったなんてほんと人生て奥深い。。w音楽とか楽譜に書いてあるものだと思っていた私は、他の音楽ジャンルは大抵楽譜を必要としてないという事実がほんとビックリ。そしてこの事実はクラシック畑の結構な割合の人は知らない気がする。。w楽譜を必要としていない音楽ってのはほんとクリエイティブな要素が強いよなぁ。開けてビックリ玉手箱な世界で私もピアノ弾けるように、早くなりたいなぁと心から願ってる。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

面白SPAMの巻。。w

鍵がなくて家に入れず、しかも猛烈にトイレに行きたくて近所のレストランに駆け込んだりしていません。
しょうがないから近所のデニーズでコーヒー飲みすぎて気持ち悪くなったりしていません。。(ノД`)暇すぎてしょうがないのでジャズの練習していて、ipod聞きながらリズム刻んでいる不審者な訳でもありません。。。orz

さてさて本メアド。1日にSPAMを50通近く受け取っているのですが(WWWに晒した私がバカでしたorz)たまーにめちゃくちゃ面白いのがくるんです。

-------------
SEXができて時給までもらえちゃうよ【近所出張ホスト募集】!
時給1時間で8000円!
例・8000円×4時間×20日=64万!!
■資格:19歳以上の健康な男性。
■時間:メールにて女性から呼び出しをうけ、自由な時間で落ち合う。
■給与:時給は女性側から渡されます。
■応募:下記のリンクにて登録し、名前の最後に「*」と記入し、プロ
フィールでアピール。
登録リンクhttp://www.kool-king.net?090
10分以内に近所女性へ自動配信を行います!!!
----------------

時給8000円もすごいけど、10分以内に自動配信もすごいと思うw
kickteaさんやねもか、バンブーフィールドさんが登録し、ほんとに自動配信されるかどうか是非試してみて欲しいなぁと思う訳ですよ。19歳っていう微妙な年もナイス。ちなみにエロライターの友達情報によると、17歳が相場的に厚いとかw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2005

やってしまったorzの巻。

今日久しぶりに天地がひっくりかえる衝撃を受けた話は明日早く帰れたら。。で今日は小話1つ。

久しぶりにやってしまいました。。たぶん4年振りくらい。。
ジャズの仕組みがわかってきたので、今日はtake5をループ再生。コード進行てこういうことなのかぁとスーパー出てからずっと脳内コード進行の練習。練習しすぎて気がつくり買い物カゴをぶらさげたまま、商店街を50m近く突進。。。orz

万引きじゃないの、お金払ったし。。

だけど買い物カゴもって町を歩くのがどんなに恥ずかしいことか久しぶりに思い出しました。。
ちなみに前回は家まで買い物カゴを持って帰り、散々迷った挙句、トボトボ返しにいきましたとさ。。

もし、町で買い物カゴを持ったまま歩いている人を見かけても、気付いた時点で充分辱めは受けているはずなので、生暖かい目で見守ってあげてください。。(´・ω・`)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 20, 2005

Barbie Girl。。wの巻

古いNowを聞いていたら妙にはまった曲、それがAquaのBarbieGirl。サビの部分は聞き取れたので、そこの部分はよくおうちに帰る時に口ずさんでいた。

私はバービーの世界にいるあなたのバービー人形☆
プラスチックでできてるけどステキでしょ☆
あなたは私の髪梳かしたり服着せたりしたい放題よ☆
想像してみて、私の世界はあなたのものよ☆

なんか純粋に「バービー人形を遊んでる子供が口ずさむ歌」だと思って、向こうの子供はこんなお洒落な曲聞いて大きくなるのかぁとちょっと羨ましくなったり。今度カラオケ行ったら歌おうと家で歌詞をチェックすると。。

(((( ;゜Д゜)))

なんだこの歌詞は。。w(一番上あたりのサイトを見ると何がいいたいのかわかっていただけると思う。。w)
ちなみにこのBarbieGirlは「イギリスの親が子供に聞かせたくない歌ベスト10」にランクインしてましたw

まーけどなんだかんだいって恋愛中ってみんなこうだと思う。。w
ちなみに私は大切にされるのも嬉しいけど、相手をお人形さんのように大切に扱う方がめっぽう好き。頭とか自然に撫でたくなるし、ほっぺたとか触るのも好き。Barbie Girl をループ再生し始める前はBump Of Chikenの「Title of mine」を聞いていて、特にやっぱり寒い季節はこうだよなぁとしみぢみする。

---
君に触れていたいと思う俺は何だ!?
今になって思い知った
大切な事を唄い忘れていた

孤独を望んだフリをしていた
手のぬくもりはちゃんと知っていた
その手に触れて いつか離れる時が来るのが恐かった

人に触れていたいと唄っていいかい?

「Time Of Mine」-Bump of Chiken

根本にあるのはバンプのこの曲もBarbieGirlも一緒。
やっぱり自分以外に大切なものがあるってのは何よりの幸せってことです。時には嫌なことやつらいこととかあったとしても、それでも一人より二人の方が全然いい。1+1が時には3にも4にもなるってことを、是非小さい頃から子供に叩き込んでHeartfulな人が増えるといいな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天才に出会う。の巻(BlogPet)

きのう、+amyと画像は前売りするつもりだった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「amy」が書きました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 19, 2005

変な夢の巻。

南伊豆→河津→箱根→芦ノ湖な感じでぐるーり。紅葉きれいだったり恐ろしく寒かったり、うちのバカ犬がグロッキーで今日は静かだったりといろいろありましたが、久しぶりに車から海みたりと結構リフレッシュできたかも!箱根の山のてっぺんでピタピタウェアでチャリにまたがっていたオヂサマが一番印象深かったです。。w

ただ、昨日うちの犬が寝付かずぐるぐる騒いでいたせいでかなーり寝不足。そのせいで見たと思われるうたた寝しながら見た夢が結構シュール・・・w途中から寝るのが怖くなってひたすら寝ないように注意していたような。。w

なんかこう、シチュエーションや登場人物が「身近な人」かつ「ありふれた設定」で行動パターンが「ありえない(((( ;゜Д゜)))」だと、なんか目が覚めた時動揺する率が高い。。w

ちなみに会社のMTをよくする部屋で何故かベッドに横たわっている私。隣の部屋から聞こえてくる「妖しげな声」にイライラしていて、時折ベッドから起き上がっては「まだ終わらないの??」と隣の部屋の誰かに語りかけているのです。

そこで上司登場。(隣の部屋の妖しげな人とは別)

「もうすぐ始まりますから早く服着てください」

しょうがなく服を着て、エレベータに乗るんだけれども、ずっと上司に「まだ終わらないんですかねぇ・・・」て話しかけている。「いや、終わるか終わらないかは+amyさんには関係ないですから。人の事を考える余裕はないはずです」と上司。そうだよなぁ、そういう所弱いんだよなぁと自分自身に凹みながら、私は隣の部屋の妖しい声が気になって気になってしょうがないという夢だった。。w

ちなみに起きるたびにああ夢かぁと思うんだけども、またウトウトするとエレベータに乗っているところが延々とループ再生されるという、ほんとシュールな夢だった。。
ようやく今は目が覚めてホ。正夢だったらどうしよう。。w

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 18, 2005

四季の蔵の巻。

伊豆の四季の蔵というところにきています。ペットを連れていける宿の年間チャンプに選ばれるだけあって今まで犬を連れて泊まった宿の中で一番いいかも?食事もまあまあだし何よりうちの犬がそそうしてもお掃除グッズが充実していることが素晴らしい。。うちの会社にも犬飼っている人が多いので是非紹介したいなあと思う。

そして疲労のピークです、お休みなさい。。。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 17, 2005

カバン入りえいみいの巻。

ミニチュアダックスを飼ったはずがいつのまにかただのダックスに、、辛うじてまだ旅行カバンに入りました!051117_234601.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 16, 2005

数字マジックの巻

数字のマジックにやられるorz
データの突き合わせをして、各数値の関連性を把握したかったんだけども集計元の数値が間違っていらっしゃる。。しょうがないので来月から取ることにする。
数値から見えてくることは一杯あるんだけど問題はソレを取る作業が煩雑なこと。だからヤマカンを頼りにすることが多くなってしまうのだ。 このへんを早く解決しないとなあ、、すみません、今日はただの愚痴でした。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 15, 2005

セキュリティと利便性の関係て人生に似てるの巻。

今週から再来週にかけては、笑えるくらいに予定が目白押し。。小説書くよりピアノ弾く方が楽なのですが毎月一本くらい書かないとやっぱりレベル下がるので、週末は気合い一発入れようと、、どうだろう。

ちなみに忙しい原因のひとつについては現在コンプライアンス強化月間中というのがデカイ。研修担当なので日々それについて偉そうに説いてまわるのがテンポラリのタスク。同じ話を毎日しながら思ったのは、結局セキュリティを強化するということは利便性を下げることが多い。自分達が追求してきた利便性に自分達が制限をかけていくようなもんだから、なんかこう不毛な何かを感じずにはいられないのだ。

まあけど日常なんてそんな事の繰り返しだよなあとも思う。大抵の場合忙しいと儲かるけど疲れる、暇だと楽だけどお金ないとかそんな感じ。ハッピーに生きる秘訣はそのへんどう折り合いつけるか、なだけで、極端な話、「今」に心底満足することってそんなに難しいことじゃない気がしてきた。
所詮足して100になる計算を48:52にするか56:44にすべきかを考え続けているのが人生だと思うと、微笑ましいなと電車で一人で苦笑いした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 14, 2005

携帯の罠orzの巻

携帯で頑張って日記書く。ようやく書き終り余計な文字を消すためだけにクリアキーを押したら、なが押しになったらしく全部綺麗に消去される。。。w

そういう意味で紙に書き写したりとか、アナログな作業て残るんだよなあ。写真は意識して捨てない限り残るけどデジタルカメラのデータは不意に消しとぶ。人の記憶の中ではアナログでいたい。ジャンル分けしたくても出来ないような、、なんてことを昔言ってたのを思い出したw
今はそういう人の記憶に対する執着は薄れつつある。そういうとこは昔より幸せなのかもなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 13, 2005

天才に出会う。の巻

六本木ヒルズにダ・ヴィンチ展を見に。いや、よかったんだけど混みすぎ(((( ;゜Д゜)))
久しぶりに人に酔い、いろんな「気付き」はあったにせよ、「これは別にダ・ヴィンチの本を読めば事足りるのでは??」という大きな疑問。。そして何よりすごいところもあるんだけどもデムパぽいところもあちこちに垣間見られ(地球の内部は水で満たされているのじゃ!という珍説や、意味もなく鏡面文字で記述を残しているところとか)なんかこう、「すごいねぇ( ´_ゝ`)」としか思えなかった。

が。

同時開催されてた杉本博司-時間の終わり展がすさまじくよかった。最初のテーマが「観念の形」というもので、難解な数式をオブジェにしたもの(要は点の集合体が立体化されたイメージ)これがまた美しい。何よりこれを写真に残そうという発想にまず痺れる。展示の仕方も、写真横にディレクションがあるのではなく、床に貼り付けてあるので、まず正面から見て床にしゃがみ、そしてまた見上げるという一連の動作で写真の見え方が違って、なんか小さな鳥肌。

2番目のテーマは私もいったことがあるアメリカの自然博物館の剥製を改めて写真で撮りなおしたもの。嘘くさいクロマニヨン人や白クマといった作りものの展示物が、「写真」で見るとものすごくリアルなのだ。ベタ絵の背景と非常にリアルに感じられる剥製のコントラストが見事で、こんな写真を今まで見たことがないと目から鱗。中でも「クロマニヨン人の生活風景」に象徴される太古の地球のサマが、まるでタイムマシンに乗って目の当たりにしているような凄まじい出来でそこでも感動。

3番目のテーマの「海景」はひたすら水平線(しかも白黒)の写真でしかないにも関わらず、少なくとも私には波の音や海の湿った空気、そして無限に広がる奥行きを感じ、これはここ数年にない勢いの「鳥肌」を感じる。音の聞こえる写真というのは初めてで、思わず涙ぐむんじゃないかくらいの深い驚き。

そして5番目?のテーマのフェルメールの時代あたりの「絵画」を写真に撮ってみた画像に至っては、「絵」でしかなかった見慣れた絵画がどうしようもなく生々しくて、どうやったらこんな写真が撮れるんだろうともはや「魔法」としか思えない。。。wこの時代の絵画手法としては、原始的なカメラのようなもので紙に情景を映し出し、それをなぞっていくという方式だったんだけれども、杉本博司はその逆をやったのだと解説文に書いてあった。いやぁ、他にも絵画を写真で撮った作品がいっぱい並んでいたけれど、ちょっとでも西洋画が好きな人はあれをみると度肝を抜かれるんじゃないか。

更に同時開催されていた紙でできた東京模型も非常によく出来ていて、なんかこう、芸術の秋!満載な1日だったような。とにかく写真が好きな人、西洋絵画が好きな人は六本木ヒルズへGO!ちなみに土日は前売り券買ってかないと死にますよ・・・?w
今日は50分並びました。。。orz

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人はみなどっか不完全の巻。(BlogPet)

+amyが
100年遡れば「食わせられない」という理由で生まれた自覚を殺したり売り飛ばしたりやりたい放題。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「amy」が書きました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 12, 2005

HPi-7-LCの巻。

HPi7LC
日吉の東急にちっちゃな楽器屋さんがある。ROLANDの電子ピアノって音はいいけどタッチが悪いと信じてやまなかったけども、Hpi-7-LC弾いてみたら結構いい感じ。最近の電子ピアノは弾いた曲譜面に起こしてくれたりといたれりつくせり。タッチも音も下手なアップライトよりはいい感じで結構心が揺れ動く。。w
何気に便利なのが楽譜をディスプレイに表示してくれる機能。楽器やってる人なら分かると思うけど、譜めくりってのは心底ストレスの溜まる作業なのだ。たまにめくってくれる人が横についたりするけども、息が合わないと邪魔。。かといって一人でめくるとなるとキリのいいとこまで暗譜しなくちゃ駄目で、ジャズの譜面みたいにまだコードがしっくりこない楽譜は覚えづらいのだ;;

ジャズピアノの方はというと意外に順調で、やっぱり朝から晩まで音を聞いてるからだよなぁとipodに感謝。今日息抜き用に簡単な楽譜を買ってきたのだけれども、知ってる曲はほとんど初見で弾けて、自分でも結構ビックリした。そのうち飛び込みで弾けるようになるのか・・・?
といってもジャズばっかり弾いているわけではなく、やっぱり私はクラシックも好き。指が前と同じくらい動くようになってきたので楽しい楽しい。。wというわけで今日もこれからピアノを練習してきます。今日もう3時間目?(゚ー゚*)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

人はみなどっか不完全の巻。

週刊文春を読んでいたら、噂の母親を毒殺しようとした女子高生の話が載っていた。「こういう子供を産み出す社会」みたいな相変わらずの論調だけれども、いやそれは違うだろうと突っ込みたくて突っ込みたくてしょうがない。ああいう人、昔からいるし要は行動に移すか移さないかの差でしかない。社会の共通認識が道徳的になっているからはみだすのが目立つだけで、結局人間なんて太古から変わっていない。たかだか50年前は戦争にエッチできる女の人連れていくのなんて常識だし、イラクでアメリカ兵が現地の人をレイプとか、かつてそうじゃない戦争があったのかと小一時間問い詰めたい訳で。100年遡れば「食わせられない」という理由で生まれた子供を殺したり売り飛ばしたりやりたい放題。サッカーの起源だって、ゲルマン人が生首蹴っ飛ばしていたのがそもそもの成り立ちだ。要は人間てもともとすごく残虐的で、どうしようもない生き物だと思う。

いや、彼女が狂っているのは事実だけれども、どこかしら人ってみなおかしいところを持っていると思う。極度のロリコンの人なんて一杯知ってるし、二次元キャラにしか萌えない人も何人か知ってる。刃物に異常な興味を持っている知り合いもいるし、楽かつ死後キレイな自殺の仕方について10何年も研究していたのが私が一番尊敬かつ信頼していた友達だった。

結局みんなどこかしらに狂気をもっていて、後はそれをセーブできるかできないか。セーブするためにはそのための「ナニカ」が必要で、親が子供に遠慮していたり、社会の性質が他人に無関心だったり、教育の現場にいる人は昔より制約があったりで、タガが外れやすいのは事実だとしても、それをここ何年かの社会にしたり人のせいにするのは安易で意味がない行為だよなぁと思う。音楽や小説、映画や友達といった広くも狭い意味でも「他者」が存在する意義ってのは、自分をよりよい方向に持っていくためのアイディアだと信じてやまない私は、どうも一般的に批判口調な人のモノの考え方ってのにイライラするってことが多い。とはいっても自分がそれをできているかというと別問題・・・w

今日もクライアントとの大きめの会議で「お前らのここが悪い」と一方的に攻められてものすごくイライラ。というかまだむかついていたりする。だけどむかついているだけじゃ何もかわらないので、結局自分に言い聞かせるしかない。せめて私は、「なんでここが悪いのか、を一緒に考えることだけは忘れないようにしよう」「たとえ偉い立場からモノを言う機会があったとしても、相手の気持ちを汲み取りながら物事を言うようにしよう」「背景にどんな問題があるかを常に考えて現場の役にたつことをしよう」とか思っていた。。が。

ちょっと冷静になった今思うと、じゃあ「なんでクライアントがそう確信するに到ったか」の視点が欠けているし、「その問題に対して自分がいかにすべきだったのか」について怒りのあまりすっ飛ばしていた。先にいった「他者」を自分のために生かすという概念そのものが、どうもいざ当事者になってしまうと見えなくなってしまう。

ソクラテスは「無知の知」と言っている。要は自分の駄目なところを自覚している人が一番賢いってこと。
少なくとも自己嫌悪があるうちは「無知の知♪」と自分を盛り立てていくしかないよなぁ。まあ今週は平和だった割に今日の今日に限っておかしかったので、来週は少なくともそんなんじゃないよに頑張らないとなぁと思う。自分自身がハッピーで前向きじゃない限り、週間文春をおちょくる権利はないかと思うと、ちょっと俄然やる気が出た・・?ような。。。w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 10, 2005

グリーン(´Д`*)の巻。

最近会社の緑に水をやるのが楽しくてたまらない。現在4部署の植木にひたすら水をやり、埃を拭き取り、霧吹きで潤いを与えるという勝手に決めたタスクを、朝の貴重な時間を使ってこなすのが、もはや日課と化している。。w手をかけると気持ちいいくらいに新しい芽が出て、ちょっと元気のない葉っぱを切り捨てると他の部分がイキイキする。週に1回しか水をやらなくていいパキラに執拗に水を注いでいたりという過ちは微妙に犯しているものの、やっぱり観葉植物が生き生きしているのは、見ていて非常に気持ちがいい。

ESってやつについて最近はよく考えているのだけれども、「目標設定」とか「成果報酬」とかそういうんじゃなくて、もっと地味なことで人のモチベーションはあがるんじゃないかなぁというのが今の結論に近いかも。たとえばチリひとつなく職場がピカピカだったり、見た目の美しい植物が生えていたり管理者に余裕があったり、書類がキレイに整頓されていたり。環境が整っているとおのずと「自分もしっかりしなくちゃなぁ」みたいに気分が引き締まり、結果として会社の雰囲気もよくなる気がした。

・・・。

自分の机や書類の整理は苦手というか興味がないのに、職場環境の美化にはめちゃくちゃ敏感な今日この頃。。wいやね、あたしは別にいくら埃がたまってようと気にならないんだけども、そうじゃない人がいるってことが大事なんです。ぁぁ、何言ってるか分からないけども。。w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ある日のアクセス状況の巻。

1 ポカーン 14% 4
2 幸せは雲の上に 澤井ゆうすけ 14% 4
3 バストアップサイト 7% 2
4 kokia 安心の中で 歌詞 7% 2
5 私の妻 7% 2
6 犯して 7% 2
7 中村うさぎ 4% 1
8 FF11 箱 時間 4% 1
9 男と女の友情 4% 1
10 come again 涙しないように 歌詞 4% 1
11 あなたはすぐにぜったいなどという 4% 1
12 コピペのガイドライン 4% 1
13 人種 ミックス 4% 1
14 犯して下さい 4% 1
15 orz W 4% 1
16 林 完次 プロフィール 4% 1
17 FF-Xのエロ画像 4% 1
18 妻を犯して 4% 1

いったいこのBlogはなんのサイトなのでしょうか。。w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 09, 2005

ipod nano歴2週間目の巻

ipodにいれる曲は厳選したいと常日頃思いながらまったくできていない今日この頃。その癖同じ曲を繰り返し聴き続けるというミュージックライフ。。wここ1週間でtake5を2バージョン×20回はきき、国分弘子という人のI Do What I Want というどうしようもなく私らしいタイトルの曲を20回ほど聞き、Oscar Petersonの「My One And Only One」という甘い曲を10回聞き、そして今日は何故か黒いオルフェ by 椎名林檎を5回リピートして聞き、つまり「ひたすら聴いて耳で覚える」というある意味一番原始的な方法で「ナニカ」をゲットしようとしているらしい。。w おかげでだいぶジャズの耳になってきて、コードがなんとなくでもスラッと思い浮かぶようになった。きっと後もうちょっとでジャズの神様が降りてくるのかと思われる。。w

そんな今日の出来事。帰り道に久しぶりに地元で屋台からケバブ購入。曲をしっちゃかめっちゃかに入れているもんだから、普段は本体片手にもって曲を操作しているのだけども、今日は片手にケバブもって歩いているのでそんな余裕がなく、初めてシャッフル再生なるものをしてみた。一曲目はやっぱりtake5で5拍子刻みながら歩く。ところが2曲目はBackStreetBoysの「As long as You Love me」。思わず立ち止まって、あれこんな曲入れてたんだ、とちょっと切なくなる。ちょっと恥ずかしいけどBackstreet Boysは結構好きなミュージシャンで、特にこの曲と「I Want it that way」は誰かを好きになった時、繰り返し聞きたくなる曲ベスト5とかに入るんじゃなかろうか。

I don't care who you are
Where you're from
What you did
As long as you love me
Who you are
Where you're from
Don't care what you did
As long as you love me

+amy風に訳すと
「君が誰だとか どこからきたかとか 今まで何をしてきたかとか そんなことは全く関係ない
全く関係ないんだよ 君が僕を好きでいてくれる限り」

という感じ。ちなみに自分がそう思うんじゃなくてそういう風に思ってもらうのが好き、という、ぁぁ昨日書いた日記と矛盾しているなぁという感じ満載なのですがw

ちなみに私自身は

「君が誰だとか どこからきたかとか 今まで何をしてきたかとか そんなことは全く関係ない
全く関係ないんだよ 私が君を好きでいるうちは」

という全く正反対の心情の持ち主なんだけれども、祈るような気持ちで一緒にいたいという気持ちはやっぱりとても素敵で、こういう風に思ってもらえるような女の人でいたいよなぁと強く思っていたりする。

ちなみに偉大なるgoogle先生が訳すと情緒へったくれがないので、英語の勉強を兼ねて訳してみる。

今まではずいぶんとひとりぼっちだったけど 君に僕の全てを委ねてみようと思うんだ
周りの人は 一瞬で全てを委ねるなんで狂ってるっていってるけど
それにしてもどうやって一瞬で僕を虜にしたのかが謎
今では頭の中が君のことばかり
今まで君が何してきたかなんて気にしてやいない
君が一緒にいてくれるかぎりは
君が誰だとか どこからきたかとか 今まで何をしてきたかとか そんなことは全く関係ない
全く関係ないんだよ 君が僕を好きでいてくれる限り

うーん、さすがアメリカ人。。w


| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 08, 2005

ラリホーの巻。

昨日は某都内の妖しげなスポットで汗を流す。。。☆岩盤浴というもので、要はサウナの低温版。入って1分くらいでもう汗がダラダラ噴き出す。つくづく何においても私は安上がりだなと苦笑する。。w

そのせいなのか仙台1泊2日のせいなのかわからないけど、今日の午後はとてつもない睡魔に襲われて仕事にならなかった。。w 今の部署、というかグループに移ってきてからは仕事中に眠くなることなんかほとんどなく、しかもせいぜい気分転換に煙草でも吸えばおめめパチーリだったにも関わらず。飲み物飲んでも駄目、トイレに行っても駄目、煙草を吸っても駄目な悲惨なコンディション。しかも席を立って戻ったら、普通はせめて5分は目が冴えているはずなのに、今日に限ってはディスプレイ見つめた瞬間睡魔に襲われる(((( ;゜Д゜)))
必死で週間レポートをなんとかいつもの倍の時間をかけて終わらせ、微妙に早退するような時間におうちに帰る。。そして今からようやく横になって至福の睡眠を貪りますv

そんなラリホー+メダパニみたいな状態で読んだ「kiss」(少女漫画?雑誌ね)の「君はペット」というもう3年近く続いていた連載マンガが今出ている号で最終回だった。婚約者がいるんだけどもモモというペット(人間だけどなw)を飼っている女の人の話で、結局婚約者とは別れて元ペットと結婚するという終わり方。ただ婚約者と別れたキッカケが相手もペット(人間だけどなw)を飼っていたことが発覚!!というオチなので、そこのところが少し気に入らない。たとえフタマタかけていたとしても、片方に振られたからもう片方にいくとか、なんというかそういう保険的な恋愛は私のポリシィじゃない。

ただペットくんはずっと健気にその飼ってくれている女の人のことが好きだった、という伏線もあってその中で「(ずっとペット扱いされていたのにある時とても頼りにされて)切ない望みに火がついた」という台詞があった。なんとも切ない気持ちになった記憶があるので、まあマンガとはいえ、ハッピーな終わり方をしてくれてよかったなぁと。

それでも最近思うのは。昔はそういう気持ちにさせる女の人に憧れていたし、好きになった人には誰にでもそういう気持ちをもってもらいたいと思っていたけど、今は違うなと。今はやっぱり誰よりも安心感を与える人になりたい。一緒にいてドキドキする人じゃなくて、安心する人。ハラハラさせる人じゃなくてくつろげる人。そう考えると10代の終わりから25くらいまでの間私が理想だと思っていた人物像はむしろ「微妙」な人へと格下げされていて、やっぱり人の考えっていろいろ変わるよなぁと苦笑。。。w ただ昔から変わらないのは愛情ってのは与えてナンボだということ。そこだけはこのまま一生変わらないんだよなぁ、そう思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 06, 2005

【究極】神のコピペのガイドライン【至高】 part8 の巻。

23 名前:水先案名無い人 投稿日:2005/08/12(金) 07:05:35 ID:9ZS2k4nx0
女に多いのが「セックスできないからお金払ってまで風俗行く」と思ってるやつ
もしくは「風俗=浮気」という決めつけをするやつ
エロビデオなんかにも拒否反応をしめす

この際はっきり言わせてもらうが、セックスとはまったくの別ものと考えていただきたい
「私がいるのにどうしてそんなところに行くの?」なんて質問は
「巨人が好きなのになんでカツ丼食べてるの?」ってのと同じぐらい意味不明
「俺は野球も見ればカツ丼も食い続ける!」

という理論で彼女を説得しにかかった

泣きながらビンタされた


26 名前:水先案名無い人 投稿日:2005/08/13(土) 03:01:53 ID:QBlcV1Pi0
造物主は無能だ。人間一つ取ってみても、誤った設計ばかりではないか。

呼吸経路と摂食経路の入り口をごっちゃにして、途中で切り替える必要がどこにあるのか。
おかげで食物を喉に詰めたり、自身の吐瀉物で窒息する悲惨な例が後を絶たない。

不安定な二足歩行システムを採用した理由は何だ。
そのせいで、常に転倒の危険に晒されることになったではないか。
しかもご丁寧なことに、最も重要で最も脆い中枢神経システムをそのてっぺんに設置した。
故に人は転んで死ぬわけだが、造物主はヒトに何か恨みでもあるのだろうか。

網膜が前後を間違えて設置されている理由についても、小一時間問いつめたい。

生殖器官と排泄器官の兼用に至っては、造物主の正気を疑う十分な理由たりうる。
このような設計を行う存在は、狂気にとりつかれているか、
さもなくば邪悪な存在なのだろう。

ところで、わざわざ男性に乳首があることについては、率直にこれを認めたい。
漏れの性感帯なので。

(゚ー゚*) <2チャンネラ サスガデスw

http://ex13.2ch.net/test/read.cgi/gline/1123739767/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

結婚式 with お坊さん35人。。。wの巻

先祖代々キリスト教の家に育ったので、基本的にお坊さんとの接触は今まで「お葬式」しかなかった。

それが!今日!元バイトが一緒だったコの結婚式に!招待されていたお坊さんの数35名。。。w
あっち向いてもお坊さん☆こっち向いてもお坊さん☆のシチュエーションがツボにはまり、笑いが止まらない。
しかもお坊さん、酒飲む煙草吸う生もの食べる。。w 袈裟着て祝辞の挨拶だけでもおかしいのに、もはやエンターテイメントとしか思えない。。本当は写真撮りたかったんだけど、ザンネンながらその勇気はややありませんでした。。w 考えてみれば仏教徒といえど慶事はある訳で、だけど仏前で結婚を誓うというのがどうもイメージが湧かず、そして新郎(お坊さん)のタキシード姿とかがものすごい違和感で、なんかほんと別世界にきたみたいだった。

さてさてもともといつもニコニコしているほんといい子の友達が選んだダンナ様は、更に輪をかけてニコニコしている人だった。類は友を呼んだなぁとなんかほんのり暖かい気分になる。私の愛すべきラテンダンサーかつゴージャスな親友、とものすけさんが舞踏会のような衣装を着て、「結婚はしたくないけどドレスは着たい」とぼーっとつぶやく。とものすけの選ぶ人、類は友を呼ぶとしたらそれはそれですごいことになりそう。。。w
まーその頃にはいっぱしにジャズピアノが弾けるようになってるとよいなぁ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝の松島の巻(BlogPet)

いつも、+amyは
いつも誰かがつきっきりでケアしてくれる訳でもなし、後はいかに自分で自分自身の秘訣をよくしていくかが肝なのだと思う。
とか思ってたらしいの。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「amy」が書きました。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

朝の松島の巻

まだ眠いのだ。。051106_072201.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

November 05, 2005

ああ松島やの巻

仙台に着いてカラオケに行く。二人でよく五時間とかカラオケした仲なので楽しい楽しい!やや物足りない感じで切り上げて、松島へ。そして今はご飯食べて満足な感じ。
なんか話が下ネタメインになるのは年だから??これからお風呂入っていっそう盛り上がるかと思うと収拾がつかなくなるような、、w
まあけど腹の底から割って話せる友達て素敵だよなあと心から思った。

そして写真は友達のセクシィな胸元ですv051105_185901.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

明日は仙台の巻。

むかーしむかし一緒のバイトをしてた子の結婚式で仙台へ行くことに。
不思議な縁もあるものです、東京生まれの東京育ちの子がお嫁に行く先が仙台の寺。。wなんでもスポーツクラブのインストラクターが相手だそうで、そんなところにも出会いが転がってるものだとしみぢみした。ちなみに結婚式は日曜日で、土曜日は今となっては片手しかいない女の子の友達と温泉に行くことに。きっとまたしょうもない話で盛り上がるんだろうなと思いつつ、あんまり女の子と気楽に話せる機会がないので楽しみだったりもする。。!羽目をはずしすぎないように気をつけます。。w

お酒はほどほどに、だな。。w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 03, 2005

ituneすごいぞの巻。

むかーし、一緒に働いている人が、「ジャズに興味がある」といった私のために持っているアルバムを色々焼いてくれたことがあった。1回聞いてはみたものの、誰が弾いてるのかなんという曲なのかわからないと気持ち悪く、ずっとほったらかしにしてあった。

が。

ふと思ってPCに突っ込む。itune起動→ぉおおアルバム名/曲名/演奏者名が分かったぞ!!

面白くなっていろんなCDを突っ込んでみる。イギリスで買ったNOW32までちゃんと曲名とか判別できてる。。すごい、すごすぎるぞ、itune!!
詳しくは企業秘密らしいのだけど、どうも市販されているCDの曲順のパターンが全てサーバに登録されているので、それを基にアタリをつけているらしい。世の中にはいったい何枚くらいのCDがあるのかと考えて気が遠くなる。。w仕組みを考えた人もそうだけども、延々と各CDのデータかき集めてただろう人にも頭が下がる。おかげで非常に快適なmusic life。ipodの中身をほとんど全て入れ替え、明日からはにわか探偵としてそっくりさんを探し出そうと思う。。w

| | Comments (0) | TrackBack (0)

そっくりさんを探せpart2の巻。

【前回までのあらすじ】
2年前くらいから渋谷・新宿界隈を中心に+amyらしき人物の目撃情報が多数寄せられていた。但し本人には全く心当たりがにゃい。

目撃情報1:背の高い男の人と一緒に歩いていた→その日は家でゲームしてた
目撃情報2:新宿のルミネの本屋でインテリアの本を見ていた→その日は別ルートで帰っていた
目撃情報3:ハチ公前で誰かを待ってた→仕事してたってば

不可思議なのは見かけた人がものすごい確信をもって「ぇぇ、何いってるの、見たってば」と「それ私じゃないよ?」という私の言葉を信じてくれないこと。思わず「あれ、私昨日はほんとに○○してたのか?」と思わせるほど確信をもって言われることが多かったので気味が悪いような、それにしてもそんな似ている人がいるのかとここ最近興味深々だったのだ。

【今回の展開】
昨日、喫煙室でタバコを吸っていたら見知らぬ人から話しかけられる。
彼「○○で働かれてましたよね?」
+amy「いや、私この会社のもう5年近くいるんです」

・・・!

そいつだ!!!

慌てて見知らぬ人から色々情報を仕入れる。職種は一緒、背格好も髪型も似ているらしい。しかも性格も特徴も聞けば聞くほど他人とは思えない。。wそっくりさんたら勤務場所も同じ駅の近辺で、つまりそれは偶然の一致にしては出来すぎている!!これは多分運命なのです・・・!
ちなみにそっくりさんと同じ会社だった人に心当たりがあるので、明日からハイパーに探し回ろうと思う。めでたく会えたなら、是非お酒でも呑みながらどんな人生送っていたのかとてもとても聞いてみたい。できればウチの会社に引き抜いて、並んで働きたいんだけど難しいかな。。wいや、けど久しぶりになんかやる気マンマンなのです。。v

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2005

弊害?の巻

最近どんなに忙しくてもピアノ弾いて寝るようにしているせいで日記が滞る上に趣味のインターネットや小説書きがおろそかになりがちだ。。やっぱり平日は時間が限られているから出来る事も「どれか」になりがち。月末月初はいつも忙しいとはいえ、時間のなさにちょっとイライラ。

ただ今でも覚えているのは、小学生位の時に感じた、時間があまりにもゆっくり流れて行くことへのあせり。確か山田詠美の小説を読んだ後の事で、いったいどれだけ待てば酒とバラの日々を送れるんだろうと変な焦燥感を強烈に感じたのだ。あの頃の私は時間をもて余してきっとイライラしていて、ああやっぱり隣の芝生は青く見えるなあ、そんなことを考える。

やりたいことがいっぱいあるのはとても幸せな事で、若干ニュアンスこそ違うもののw小学生の頃憧れていた山田詠美的な毎日をまあまあ送れているんだと思う。定期的にブルーにこそなれ、二十歳頃によく感じていた強烈な自己嫌悪も最近はご無沙汰。つまり精神状態も結構安定している。
あぁ、私やっぱり幸せじゃん!と実感しつつ今日もお仕事頑張りますv

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 01, 2005

思い出の中野。の巻

 とある縁で会社の仲良しさんと中野に行く。仕事とはいえ、あんまり中野という場所に足を踏み入れたくなかった、にも関わらず、案外あんまり気にならないもんだった。駅の改札を出てあの商店街の入り口を見ても、泣き出したり足がすくんだりはした訳じゃない。中野はよくゆうちゃんと遊んだ場所で、そういえばゆうちゃんと一緒じゃない時に中野に足を踏み入れたことは1回しかない。
 中野では、ゆうちゃんのお客さんだった某大手企業の社長さんにご飯を奢ってもらったり、ゆうちゃんのお兄ちゃんも交えて飲みにいったりと、結局飲んで食べてばかりいた。ほとんどいつも行っていたのは「香港亭」という中華料理のお店。大して飲むメンツじゃないからひたすら食べてばかりいた。いろんな人の組み合わせで香港亭にご飯を食べに行ったけど、ゆうちゃんがいない香港亭は今日がはじめてだった。ゆうちゃんが大好きだったレタスの炒め物は残さず全部食べて、私はどこまで友達思いなんだとしみぢみする。。w

別にセンチメンタルな気分になるのは嫌いじゃないけど、やっぱりもう物理的にいない人のことを思い出すのは、あんまり楽しいもんじゃない。それでもこうやって「中野」というキーワードだけで心にひっかかる人に会えたのはすごく幸せなことなんだなと思っている。仲良しさんと渋谷で別れた後はすっかりゆうちゃんのテーマソングと化した曲を聴きながらおうちに帰る。

---
思うまま泣いて笑う君は 俺の心奥底まで響いた
周り見ずに1人傷つき そこで己脆さに気付き
人目はばからずに涙流して 嫌なことから無理矢理羽ばたいて
答え出す自分の中で 涙、乾いたら違う眺め
時に夢やぶれ涙溢れ まだある先進むべき明日へ
弱さを見せる 怖さも癒える ありのままで俺で居れる
抑えこんだ感情なら今出そう ありのまま生きるならば今だぞ
涙の数だけ大きくなる訳 そこに本当の自分があるだけ

溢れた感情は単純にこぼれる涙 止めずに泣いて枯れるまで
溢れた感情は単純に疲れた君を そっと包んで忘れるため

いくつも熱く胸をめぐる 感情は瞳に溢れてくる
いつでも泣きたい時 泣けばいい ありのまま思うまま涙に
ただこらえて 気持ち抑えて 一人で強がることはやめて
人陰に逃げずに俺と二人で こぼれた滴強さに変えて
涙は乾き 目の前の鏡に写る その瞳の輝きは
忘れない もう隠さない 泣いても最後にまた笑いたい
これから生きていけば涙するもの それこそが君が今生きること
今は何も言わなくていい 涙を流すそれだけでいい

溢れた感情は単純にこぼれる涙 止めずに泣いて枯れるまで
溢れた感情は単純に疲れた君を そっと包んで忘れるため

君と出会って 夢追っかけて
少しずつ形になって また悩んで
何でだろう? 悩んでんだろって
やけになり 独り身でのnight and dayの中で
人に傷つき 時にムカつき 自分の弱さに気付き
ズキズキする胸の鼓動を 抑える感情論を
唱え出すことで こらえたところで 答えは壊れた心で
泣いて 泣き疲れるまで 湧いて 涌き溢れ出てくるだけ
目に一杯にため込んだ 涙と引替えに
この機会にまた一つずつ 強くなりつつ
古い靴 脱ぎ捨て歩いてゆく

胸に溢れたその想いを 泣いて笑って表せるなら
孤独に泣いた夜も 聞かせてよ笑って泣いて何度でも

溢れた感情は単純にこぼれる涙 止めずに泣いて枯れるまで
溢れた感情は単純に疲れた君を そっと包んで忘れるため
----by ケツメイシ「涙」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »