« 失踪騒動。の巻w | Main | カラオケなど。の巻 »

September 17, 2005

ミリ・バニリの巻。

なんかのオムニバスに入っていて、気に入ってCDを買ったMILLI VANILLI。
20歳の頃よく聞いていて、ただそのうち飽きて、しばらく放っておいた。昨日久しぶりにかけてみたら懐かしくて、いったい彼らは何してるのだろうとぐぐってみる。

1.グラミー新人賞取る
2.ALL 口パクがばれ、グラミー賞剥奪される
3.片割れヤク中の上自殺
4.Real Milli Vanilli なるものが一瞬話題になるも瞬殺

(((( ;゜Д゜)))

笑えるのは、私がCD買った時には既に4.から数年経った後だったということ。つまり私がCD買った時には既にグラミーは剥奪され、片割れは死んでた訳だ。事前インフォメーションがあったら絶対手を出さなかっただけにすごく不思議な縁を感じた。ちなみに私の好きなのは「I'm Gonna Miss You」という曲。気が向いたので全部訳してみる。

----
初めて会った時からこんな予感はしていた だけどそれでもいいとずっと思っていたんだ
たまらない笑顔と意地悪な指で僕のことをもてあそんだ 
君が魔法をかけている間いつも切ないことばっかりだったような 息もできないくらい
だけど結局ずっと一緒にいることはできずに 今は寂しい
好きだった気持ちはどこにも行き場がなくて 今は寂しい

結局君の気持ちを変えることができず 何も手につかず今はただ呆然としている
この気持ちはどうすればいいんだろうと 全く分からずにいる

現実を認めるのはつらいけど、それでも君と初めて会った日のことは忘れない
君がいなくて 今は寂しい

蜂蜜みたいに甘くて優しかった君 そんな記憶は簡単に消せやしない
まるでおとぎ話みたいに夢のような時間で だから傷はちっとも治りそうにない
楽園のような時間を過ごしていた 夢から覚めたら現実はとっても味気なくて
だから今はこんなに寂しい

---
ちなみに元歌詞はこんなの。もはや別歌詞となってますが気にしない(゚ー゚*)

好きな曲がほとんど全て失恋ソングなのはなんでだろうと少し考え、私の中で出た結論のようなもの。
片思いでも両思いでも、「あの人がいなくなってしまったら」と考えることは誰にでもある。そして大切な人がいなくなって「寂しい」という痛みに近い感情を味わっている時って、どれだけその人のことが好きだったのかと気付く機会なのだ。たぶん私は「いない」状態を失恋ソングを聞いて想像し、現実は「いる」てことに至福の喜びを感じるタイプのように思ったw(いったいどういうひねくれ方をしているのだorz)そしてきっと(私がいなくなったらこんな風に思ってくれるのかな?)という甘い妄想もあるんだろう。そんな数々の事情があり、私は失恋ソングが好きなんだと思うw

ちなみに脳内失恋は多くても実際あまり振られたことがないのは、多分私はその予感がした段階で自分から逃げ出してきたから。自分に対する相手の愛情が冷めていく前兆を感じた瞬間に、あさっての方向に逃走する。。w 失恋ソングが好きな3つ目の理由って、そこまでちゃんときれいに恋を終わらせたことがないから、実はちょっと羨ましいのもあるのかもしれないな。

|

« 失踪騒動。の巻w | Main | カラオケなど。の巻 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ミリ・バニリの巻。:

« 失踪騒動。の巻w | Main | カラオケなど。の巻 »